ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2012年9月28日付け

 ジウマ大統領の専属スタイリスト、セルソ・カムラさんを取材する時は、大物アーティストとあって少し緊張した。
 家庭や同性愛についてなど個人事情に触れる質問もたくさんしたが、嫌な顔一つせず答え、「最長でも30分」と言われていたインタビューを終らせたそうなメディア担当をよそに、「他にも質問はある? 何でも聞いて」と終始親切だった。
 普段取材で出会う社会的地位の高い人の中には、威圧感があったり、自分の功績をひけらかしたりする人が割といる。しかし、自慢されると逆効果で、げんなりしてしまう。
 セルソさんは自己アピールどころか、無名な記者に対してすら取材しやすいようにと気をっていて、人間としての大きさを感じた。また、つい女性に見えてしまうほどエレガントな仕草や振る舞いに、思わずわが身を反省してしまったコラム子であった。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ