ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年11月6日付け

 北極海の氷が、溶けてしまい過去最少になったそうだ。日本の宇宙航空研究開発機構が観測衛星「しずく」の映像などを分析したところ、8月の末には421万平方キロと小さくなっていることが分かった。例年9月の中ごろに最少になるので恐らく400万平方キロを割り込む可能性が高いと指摘しており、地球温暖化の影響が強いと推定している。これほど速く北極海の海氷が減少すると見ていた素人は真に少ないと思う▼同機構の堀雅裕研究員は「1980年代の半分程度になっている」と語っているが、これほど急速に氷床や氷塊が溶解すると予測するのは、専門家にとっても、かなり難しいのではあるまいか。80年代には、最少のときでも、700万平方キロはあったのだから、これほど速く溶けるとは—。尤も、北極海の氷が溶けたから海面が上昇するの危険はなく、オセアニアの島嶼国家のツバルなどが、海水の侵食に困るような事態は起こらないという▼唯一つ。この地球温暖化によって北極も暖かくなり、アジアからベーリング海峡を通りヨーロッパに通じる北極航路の開発が進んでいる。中国や韓国らが特に熱心だし、日本も遅ればせながら研究に取り組み始めた。今までのようにマラッカ海峡を抜けて中東やヨーロッパに向かうよりも、航行距離が短くなり、輸出入産品の経費節減に大きな力になるためだが、あと十数年後には実現の可能性も高い▼人間がガソリンなどを燃やした結果の温暖化現象だが、これが新航路発見に通じるのは、何とも皮肉ながら、こんな地球の環境変化が起こるのは、いささか薄気味が悪い。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]