ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ベネズエラ=野党が真相公表を求める=大統領長期不在なら再選挙も

こちらの記事もどうぞ

  • キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?2016年11月30日 キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?  25日に逝去したキューバのフィデル・カストロ前評議会議長が中南米に与えた影響をもう少し見てみよう。  90年代にはソ連などの東欧の共産圏が崩壊。共産主義の基盤を大きく失う中、キューバもドル解禁などの対策を余儀なくされた上、難民も後を絶たず、カストロ体制の今後も危ぶまれて […]
  • ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?2016年9月2日 ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?  8月31日、ジウマ大統領は弾劾裁判で罷免されたが、その直後に発表した声明で「これ以降もミシェル・テメル新大統領の新政権に対する戦いを続ける」と、宣戦布告のような宣言を行った。  ジウマ氏は声明の中で「これは私が体験した、人生で2度目のゴウピ(クーデター)だ」とし、学生時 […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • ジウマ停職に対する反応は=大半の国は当面は静観貫く2016年5月14日 ジウマ停職に対する反応は=大半の国は当面は静観貫く  ジウマ大統領が180日間停職となった報道は世界中を駆け回ったが、大半の国は、伯国の民主主義がこの状況を乗り越えるに足りるだけ成熟している事を信じるといった発言をするに止めていると13日付伯字紙などが報じた。 「オバマ大統領がテーメル暫定政権を公式に認める電話をかける事はない」 […]
  • 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定2016年5月18日 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定  【既報関連】ジウマ大統領停職を受けて発足したテーメル暫定政権が、中南米諸国からの批判に対して矢継ぎ早に外交文書を発行、労働者党(PT)政権との立場の違いを明確にしたと14~17日付伯字紙が報じた。 テーメル暫定政権は12日、ジウマ大統領に対する罷免手続き開始により同大統領が1 […]