ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月4日付け

 今年の県連日本祭りでの新企画『日本列島食べ歩き』。発案者の佐々木正光・エムアンドエム社社長は、県連や秋田県人会との議論からも、多くの一世が「生きている間に日本に頑張ってほしい」との想いがあることを感じたという。「これから伸びていく国ブラジルを、県人会を通して母国とつなげれば日本も伸びる」と、県人会とタッグを組んで日本を盛り立てる。
     ◎
 クリスマス休暇旅行に行ったが、ポウザーダの宿泊予約に一苦労した。予約のメールを度々送るが返事が来ず、ようやく連絡を取れ一安心かと思いきや、当日確認の電話をするとリストに名前がなかった。全く旅疲れより気疲れする当地の旅行。到着後も、受付嬢は宿泊料金を間違え、少なく請求。放っておけばいいものを、つい馬鹿正直に自ら訂正するコラム子は、やっぱり腐っても日本人。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。聖市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができるが、婦 […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2017年2月14日 大耳小耳  国際交流基金は、16日午後7時から、聖市の三重県人会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]
  • 大耳小耳2016年7月22日 大耳小耳  『岩手日報』7月21日付国際面の「海外県人会だより」コーナーでは、県連日本祭りの岩手県人会食ブースの奮闘ぶりが、千田曠曉会長によって次のように報告された。《岩手県人会は、長年出品している岩手産ワカメを使用した「三陸わかめうどん」が目玉。わかめソバ、コロッケ弁当、コロッケ(ブラ […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]