ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年1月8日付け

 ドイツでは店員と客が同等だと、ドイツ人の知人から聞いたことがある。他の諸外国でもそうかもしれないと想像するが、日本でお客様は神様だ。そんな国で生まれ育った人間が、日本とは常識が違うと割り切ることは容易ではない。
 ブラジルではまるで、職員が神様のようだ。機内荷物に預け、破れた無残な状態の鞄を前に呆然としつつ、深夜のマナウスの空港で思った。いくらブラジルでも、この状況なら最初に謝るだろうと思ったが違った。
 自分は関係ないという態度を隠そうともしなかったし、外国人だったから軽く見たかもしれない。ブラジル人や男性なら態度が違っていた可能性もある。
 納得できなくても我慢して飲み込むことに慣れてきたが、泣き寝入りばかりもしたくない。長年当地に住む人は、謝罪しないブラジル人にどう対峙し、腹におさめてきたのだろうか。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 「限界だ!!」2020年6月16日 「限界だ!!」  新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が始まり早くも3カ月弱が経とうとしている。  ある夜、オーリャ子の夢の中では、災禍前の活気溢れるリベルダーデ街の風景が広がっていた。全ての店が開き、カメロー(露天商)も盛大に路上販売をしている。  人通りも多く、少し歩くだけ […]
  • 「停電」も意外と良いもんだ?2020年6月2日 「停電」も意外と良いもんだ?  17日、クアレンテーナ(検疫)中の日曜朝10時、起床していつもどおりシャワーを浴びようとバスルームにいくと、お湯がでない。「壊れたのか?」と思ったら電気もつかず、停電していた。  どうやら予告なしの電気工事が家の前で行われていることが停電の原因だそう。「不便だな…」 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」2020年5月23日 □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」     ◎  最近、日本の家族、友人から「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」というメールを連日受け取っている。感染者が世界第3位、死者は連日1千人超というニュースが日本語でも飛び交っているおかげだ。幸いなことに、編集部からは入院者も死者も出ていない。一昨年末にサンパウロ新聞 […]