ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物=ふろんていら=第35号

刊行物=ふろんていら=第35号

ニッケイ新聞 2013年1月11日付け

 詩歌サロン「ふろんていら」第35号が刊行された。
 俳句、川柳、短歌、短章、詩の5部門で構成されている。俳句部門からは「ブラジルに幸せありと虹がたつ」(間嶋稲水花)、「春雷のまるでうぐいす応接間」(浜田すみえ)。
 問い合わせは(11・4715・7804)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る2019年9月28日 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る  ブラジル和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は22日の創立65周年式典内で、2017年から取り組んでいた『県人移民100周年記念誌』の発刊式を行った。  記念誌は全400頁フルカラーの大作。県人会の歴史、県人30家族の歴史、松原植民地の歴史などをまとめた。製作には宮坂国人 […]
  • 月刊ピンドラーマ=9月号配布中2019年9月7日 月刊ピンドラーマ=9月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌『月刊ピンドラーマ』9月号が出版された。  リリアン・トミヤマさんの「ポルトガル語ワンポイントレッスン」では、仕事で役立つポ語の用法を紹介。美代賢志さんによる「ブラジル社会レポート」では、最近急増しているという、食品宅配ドライバーを装った強盗につ […]
  • 『ブラジル日系文学』第62号を刊行2019年8月30日 『ブラジル日系文学』第62号を刊行  『ブラジル日系文学』第62号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に刊行された。  今号では、武本文学賞が今年で終わったことを受けて、国際日本文化研究センター教授の細川周平さんが『武本由夫賞の終わりを聞いて』を特別寄稿している。ブラジルの日本語文学史の専門家 […]
  • 『下本八郎 対話による回顧録』=大浦文雄氏と対談、大浦玄編著2019年8月27日 『下本八郎 対話による回顧録』=大浦文雄氏と対談、大浦玄編著  対話形式でつづられ豊富な写真が入っている著作『下本八郎 対話による回顧録』(大浦玄編著)が刊行され、23日に同氏の補佐官・安田潤二さんが報告に来社した。  本書では、スザノ福博村会の長老・大浦文雄さんが対談する形で、下本氏(83、二世)の半生が聞き出されており、とて […]