ホーム | 日系社会ニュース | 伯代表がWBCに初出場!=28人中11人が日系=日本留学が強化の鍵か=「侍ジャパン」とも対戦

伯代表がWBCに初出場!=28人中11人が日系=日本留学が強化の鍵か=「侍ジャパン」とも対戦

ニッケイ新聞 2013年1月23日付け

 コロニアが育んできたブラジル野球が世界の檜舞台に——。今年3月に開催される野球世界選手権『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』に初出場が決まっているブラジル野球代表の登録メンバーが先週末発表され、メンバー28人中11人が日系選手であることが分かった。3月2日から始まる本選では二連覇中の日本代表との対戦も決まり注目が高まる。第3回大会にして初出場となるチームについて、パウリスタ野球連盟の沢里オリビオ会長に聞いた。

 昨年11月に行われた予選で同組だったパナマ、コロンビア、ニカラグアの3チームは全て世界ランキングで格上のチーム。沢里会長は予選初参加のブラジル代表が勝ち抜いた理由の一つに「日本への野球留学生の増加」を挙げた。
 現在のチームには、栃木・白鴎大学出身で、日本のプロ野球・東京ヤクルトスワローズに所属する金伏ウーゴらを筆頭に、日本の高校・大学野球経験者が多数在籍している。内野手の奥田ペドロ(米・シアトル・マリナーズ傘下)は、2008年に埼玉・本庄一高の主力として甲子園の舞台にも上がった。
 「日本への留学が増え始めたのは7、8年前から。ブラジル人的な良さを持ちつつ、緻密な日本野球を学生年代から叩き込まれている『両方の要素を持つ』世代の台頭が、チームのレベル向上に繋がっているのでは」というのが沢里会長の分析だ。
 沢里会長はチームに向けて「1次リーグは強豪が揃う厳しい組み合わせだが、きっと良い試合となる。本大会で日本代表と戦えるなんて夢のような展開。頑張って欲しい」とエールを送った。
 ブラジル代表が出場する本選1次リーグA組は3月2日から福岡で始まり、5日までに日本、キューバ、中国と対戦する。

 【投手】ダニエル・ミッサキ(ニッポン・ブルージェイズ)、仲尾次オスカル(白鴎大学)、吉村健二(ヤマハ)、ラファエル・モレノ(ボルチモア・オリオールズ傘下)、ケスレイ・コンドウ(ユタ大学)、ガブリエル・アサクラ(カリフォルニア州立大学)、金伏ウーゴ(東京ヤクルトスワローズ)、アンドレ・リエンゾ(シカゴ・ホワイトソックス傘下)、ラファエル・ファルナンデス(東京ヤクルトスワローズ)。エルネスト・チャコン(アチバイア)、チアゴ・ビエイラ(シアトル・マリナーズ傘下)、ムリロ・ゴウベイア(ヒューストン・アストロズ傘下)
 【捕手】平田ブルーノ(東芝)
 【内野手】ルーカス・ロジョ(フィラデルフィア・フィリーズ傘下)、フェリペ・ブリン(シアトル・マリナーズ傘下)、田中マルシオ敬三(JR九州)、奥田ペドロ(シアトル・マリナーズ傘下)、レオナルド・レジナット(タンパベイ・レイズ傘下)、ヤン・ゴメス(クリーブランド・インディアンス)、松元ユウイチ(東京ヤクルトスワローズ)、ファニョニ・アラン(NTT東日本)、佐藤二郎(ヤマハ)、イアゴ・ジャヌアリオ(タンパベイ・レイズ傘下)
 【外野手】曲尾マイケ(所属なし)、パウロ・オルランド(カンザスシティ・ロイヤルズ傘下)、ジュアン・カルロス・ムニス(マリリア)、チアゴ・マガリャンエス(グアルーリョス)、ジェアン・トーメ(アチバイア)(敬称略、順不同)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝2018年8月17日 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝  「第15回世界ジュニア相撲選手権大会」と「第22回世界相撲選手権大会」がそれぞれ7月21日と22日に台湾の桃園(とうえん)市で行われた。日本、台湾を始め欧州やアジアなどの計25カ国・地域から男女約200人が参加。ブラジルからは11人が出場し、ジュニア大会男子重量級でジ […]
  • 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会2018年11月2日 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会  聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)が10月21日、『聖南西お話学習発表会』をイビウナ文協会館で行なった。聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカーバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市文協の日本語学校7校から約90人の生徒が参 […]
  • 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん2018年7月6日 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん  アマチュア歌手の中島幸夫さん(39、3世)が、5月26日に東京で開催された「第34回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」にブラジル代表として出場し、グランプリを受章した。各地の予選を通過した130人が競い合うなか、演歌『望郷新相馬』を正確に歌い上げた中島さんが栄光をつ […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]