ホーム | 日系社会ニュース | 県連 被災地から3人を招待=日本祭りで講演、写真展も

県連 被災地から3人を招待=日本祭りで講演、写真展も

ニッケイ新聞 2013年2月7日

 先月末にあったブラジル日本都道府県人会連合会の代表者会議で、岩手、宮城、福島から計3人を7月に招待し、日本祭りなどで講演が行なわれることが発表された。
 昨年10月に県連が主催した「東北被災地応援ツアー」をきっかけに進められてきた『東北被災者招聘交流事業』で、県連、援協、文協が共同管理するSOSJapan基金に加え、来年度県連・交流基金の一部、協賛団体からの協力金が充てられる。
 各県人会が県側と条件や日程の調整を行っており、事業の責任者を務める本橋幹久県連副会長によれば、「現在、体験談ふくめ復興の状況など被災地の実情を伝えることができる青年を募集中」だという。
 滞在期間は、7月15〜25日の12日間。県人宅へのホームステイほか、日本祭り、「戦後移住60周年記念式典」へ出席、同祭パビリオン内で被災地写真展も開く。
 23日には宮城県人会で講演会『東北大震災から2年余 伝えておきたいこと』も実施。イグアス移住地で交流、リオ観光も含まれる。
 本橋副会長は「経験を語ってもらうことは、多くの被災者が望む『忘れないで欲しい』という願いを叶えることにつながる」と意義を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 被災者の声をブラジルに=3人が来伯、現状伝える=講演会、写真展を7月に=県連、被災3県が企画2013年5月25日 被災者の声をブラジルに=3人が来伯、現状伝える=講演会、写真展を7月に=県連、被災3県が企画 ニッケイ新聞 2013年5月25日  ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)が7月の日本祭り開催にあわせ、宮城、岩手、福島の3県から3人の被災者をまねき、『東北被災者招聘交流事業』を行う。22日の県連代表者会議で、実施主体となる国際交流委員会(本橋幹久委員長)から事業の […]
  • 「すでに10県の参加決定」=地域リーダー交流事業に=3月15日まで受け付け中2008年2月15日 「すでに10県の参加決定」=地域リーダー交流事業に=3月15日まで受け付け中 ニッケイ新聞 2008年2月15日付け  百周年記念協会(上原幸啓会長)の主催事業である「21世紀の日伯地域リーダー交流事業」の日本側の参加者募集が進んでいる。これはブラジル日本文化福祉協会、ブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジルふるさと創生協会との共催で行われる。  「 […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]