ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年2月8日

 イタイプーダム建設の〃8人の侍〃の一人、荒木昭次郎さんから「現在関わっているダム建設現場でブラジル人と話していたら、近くに日本人植民地があると偶然聞きました」とメールが来た。赤道直下アマパー州都マカパー市に近いマタピー植民地のことだ▼日本政府は53年9月に同地への第一陣24家族、近くのファゼンジーニャに5家族を送り込んだ。第二陣は翌54年9月に16家族をマタピーに、5家族を後者に。最後の第三陣は57年にマサゴン植民地に7家族だ。04年9月にマカパー文協会長から取材し、「計57家族が入ったが現在まで営農を続けるものはごくわずか」と記事に書いた▼荒木さんはこのマタピーを訪れ「ごくわずか」の一人、目黒喜代子さん(89、宮城)家族と会ってきた。「40年前に亡くなったご主人の宗一さんは、ここからは絶対に出ませんと言っていました」と話していたという。なぜその地に「ごくわずか」しか残らなかったか。出て行った者らはどんな無念を抱えていたのか…▼まさか現代にダムを作るような辺境に当時植民地を作ったとは——と荒木さんは驚いたことだろう。「目黒さんが立派な子孫を育て上げたことに感激致しました」とメールにあった。普通なら逃げ出すような場所でも立派に子孫を育てて現地社会に貢献する。そんな移民人生が積み重なった頂点に、ブラジル社会から見た「日本人への信頼感」という〃御旗〃が翻っているのでは▼戦後移住60周年の今年、ベレン総領事館を駐在官事務所に縮小する話が持ち上がった。目黒さんのような一移民が人柱となって築いた〃橋頭堡〃を日本政府はどうするつもりか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 時に必要な政府へのお灸=日本は甞められてないか=ダムに関する耳が痛い話=パラグァイ 坂本邦雄2014年11月12日 時に必要な政府へのお灸=日本は甞められてないか=ダムに関する耳が痛い話=パラグァイ 坂本邦雄  これまでにもチョイチョイ、当地西字紙上で取り沙汰されて来た話だが、始まって、もう約8年余りにもなる日本政府の円借款による「イグアス・ダム機械化プロジェクト」だ。いつまでも着工が具体化する様子が見られなないので、傍目(はため)にも一体どうなっているのか気懸りである。古いこと […]
  • 電気料金の値上げを承認=南大河州で29%強値上げ=各州も軒並み二桁の調整2014年4月18日 電気料金の値上げを承認=南大河州で29%強値上げ=各州も軒並み二桁の調整 ニッケイ新聞 2014年4月18日  【既報関連】この夏の少雨に伴う火力発電所の稼動などにかかる出費を補うため、2015年以降の電気代は8~9%値上がりすると見られていたが、Aneel(国家電力庁)は17日、南大河州の電力配給会社AES‐Sulの一般消費者向け電気料金を、平均2 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(119)2014年3月19日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(119) ニッケイ新聞 2014年3月19日 「古川さん、ご苦労でした。彼女の情報が充分取れましたね」 「・・・」 「古川さん、霊気をがっちりキャッチして、よくここまで・・・。大成功でした。それも成仏前の霊気をがっちりと・・・」 「霊気なんかじゃなくて『聖正堂阿弥陀尼院』さんそのもので […]
  • ジラウ発電所に営業許可=最初の送電は北伯のみに2013年9月28日 ジラウ発電所に営業許可=最初の送電は北伯のみに ニッケイ新聞 2013年9月7日  ロンドニア州マデイラ川に建設され、昨年8月からテスト運転していたジラウ水力発電所が5日に営業運転の許可を受けたと5、6日付各紙サイトが報じた。官報掲載には6日で、商用運転は同日から認められる。 […]
  • 南青協9期生=渡伯半世紀祝い式典開く=40人が絆確かめ合う2013年8月31日 南青協9期生=渡伯半世紀祝い式典開く=40人が絆確かめ合う ニッケイ新聞 2013年8月29日  南米産業開発青年隊(早川量通会長、以下南青協)は17日、ミナス州アグア・リンドイア市のホテル・グアラニーで、9期生の着伯50周年記念式典を行った。40人が出席し、久々の再会を喜び合った。 […]