ホーム | 日系社会ニュース | NHK全国短歌・俳句大会=ブラジル124作品入賞

NHK全国短歌・俳句大会=ブラジル124作品入賞

ニッケイ新聞 2013年2月16日

 NHK学園主催で行われた『2012年度NHK全国短歌・俳句大会』の入賞結果がこのほど発表された。
 短歌部門には国内外か2万2413首、俳句部門には4万3488句の応募があった。ブラジルからは28句、96首が入賞した。入賞結果は次の通り(敬称略、佳作までを紹介)。

【短歌部門 佳作】
◎キリストの衣を洗濯するといふ小鳥はハウスで虫取りもする(佐藤けい子)
◎立ち並ぶ高層ビルの谷間よりおうむの群の声のぼり来る(佐藤あさ乃)
◎チューリップ描く孫の絵は家よりもはるか大きく真っ赤に咲けり(広田ゆき)
◎駅弁に「おやき」もありと映されし衛星テレビに古里が顕つ(藤原よし子)
◎その昔棄民と言われし移住地も故郷となりて八十路あゆまん(宍戸みき)

【俳句部門 特選】
◎アマゾンの本流支流新樹海(青木駿浪)
◎移民てふ枷にしばられ耕せる(林とみ代)

【秀作】
◎万緑や緑地獄と呼ばれし地(牛歩)
◎それぞれが懸命に生き移住祭(佐古田町子)
◎生涯を土に感謝や移民の日(佐藤あさ乃)
◎アマゾンに昭和遠のく終戦日(竹下澄子)
◎ブラジルの栗飯供う仏生会(寺尾芳子)
◎サッカーに母も馴染みて移民の日(橋鏡子)
◎安住の思い新たに移民祭(百合由美子)

【佳作】
◎三世の嫁の手料理新牛蒡(伊津野静)
◎八月の太陽アマゾン炒るごとし(上山泰子)
◎海夕焼みんなが泣いた移民船(浦畑艶子)
◎敬老の日アマゾン大地拓ききて(大嶽キクエ)
◎冬の雨新聞読めぬ目が悲し(箕輪美保子)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 焚火祭はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)のことで、田舎風に装った若い人たちが集まり、大きな焚き火を囲み、大鍋でピンガに香料や砂糖を入れて煮るケントンを呑み、歌い踊ったりする。2015年7月13日 ニッケイ俳壇(846)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 迷い入れし冥土の如く寒夕焼枯れるもの枯れ麻州野は夕焼けて風止みしこの静けさも夜の秋珈琲園耳の短い兎住む鋤焼きの最後は餅を入れて食ふ【一九一五年十月三日生れで、この十月で百才になられる。一字も正しく書いて下さる。字がまともに書け […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 宝のような貴重な歴史=在サンパウロ日本国総領事館=総領事 大部 一秋2010年1月1日 宝のような貴重な歴史=在サンパウロ日本国総領事館=総領事 大部 一秋 ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  新年明けましておめでとうございます。  日系社会の皆様ならびに在留邦人の皆様におかれましては、晴れやかに新年を迎えられましたことと心よりお慶び申し上げます。 […]
  • 日本でブラジル本を出版=鈴木美也子さん来伯取材2009年4月7日 日本でブラジル本を出版=鈴木美也子さん来伯取材 ニッケイ新聞 2009年4月7日付け […]