ホーム | 日系社会ニュース | 和太鼓「生」=5月から新教室を開講=記念ワークショップ、2会場で

和太鼓「生」=5月から新教室を開講=記念ワークショップ、2会場で

ニッケイ新聞 2013年2月21日

 サンパウロ市ビラ・マリアーナ地区を中心に活動を行う和太鼓グループ「生」(木下節生代表)は23日、サンパウロ市ブタンタン区のホット・ミュージックスタジオ(Rua Alvarenga, 1222)で新たな太鼓教室を5月から始めるにあたり、12〜80歳のサンパウロ市在住者を対象に2会場で計4回のワークショップを行う。
 太鼓の説明や、実際にバチを持って音を鳴らす体験を通じ理解を深めてもらうことが目的。
 同スタジオ(午前8時半〜、午前10時〜)、和太鼓生スタジオ(Rua Vergueiro, 2676, Vila Mariana、午後1時〜、午後2時半〜)の各2回。参加費一般20レアル、学生10レ。
 案内のため来社した木下代表は「初心者でも大歓迎。生涯の趣味にもなるのでぜひ」と呼びかけている。
 問い合わせ・申し込みは木下代表(11・98132・9905)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ