ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | モニカが生誕50周年=伯国随一の漫画キャラクター

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • マウリシオ・デ・ソウザが自伝出版=国民的漫画「モニカ」の作者2017年6月7日 マウリシオ・デ・ソウザが自伝出版=国民的漫画「モニカ」の作者  ブラジル国内では知らない人はいない国民的漫画「トゥルマ・ダ・モニカ」の作者、マウリシオ・デ・ソウザ(81)が自伝を出版し、話題となっている。  「トゥルマ・ダ・モニカ」と言えば、ブラジル国内では40~50年にわたり、子供の間では定番の漫画で、2016年の統計でも、彼 […]
  • 「プログラマ・ド・ジョー」が最終回=ブラジルの深夜TVの顔を28年2016年12月17日 「プログラマ・ド・ジョー」が最終回=ブラジルの深夜TVの顔を28年  17日未明、ブラジルのテレビ界で、ひとつの時代が終わる。グローボ局で長らく続いてきた深夜のトークショー、「プログラマ・ド・ジョー」が17日未明0時30分の放送で最終回となる。  この番組は、1960年代からブラジルのコメディ界を引っ張ってきたコメディアン、ジョー・ソアレ […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、聖市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 聖市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポルトガル語のクラ […]
  • サーキット場の壁にF1選手=インテルラゴスの芸術家2016年11月12日 サーキット場の壁にF1選手=インテルラゴスの芸術家  漫画家のエンリケ・クリヴェラリさん(49)が、F1の元・現役選手の絵をサンパウロ市南部にあるインテルラゴス・サーキット場の入り口の一つに程近い壁に描いた。サーキット場の近くで生まれ育ったエンリケさんは、世界のモータースポーツ選手に対するオマージュだと語った。  「F1ドライ […]