ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ベネズエラ=チャベス大統領が死去=社会主義と反米を推進=大衆人気の裏で「独裁者」とも=伯国とも関係を深める

こちらの記事もどうぞ

  • Celac=具体案は何も決まらず=注目はベネズエラのみ2016年1月29日 Celac=具体案は何も決まらず=注目はベネズエラのみ  27日、エクアドルの首都キトで中南米及びカリブ海諸国首脳会議(Celam)が開かれ、33カ国の代表が参加したが、意見の一致を見ず、具体的対策を立てられないまま終わった。28日付伯字紙が報じている。 今年の会議の主題は、世界的な経済低成長と高インフレにより先行きが不透明な同地域 […]
  • 今年のブラジル 各界展望2002年1月1日 今年のブラジル 各界展望 経済成長さらに-選挙ではPTの伸張に注目  【エスタド・デ・サンパウロ紙エザメ誌二十六日】二〇〇二年への抱負を込めて、各界の専門家のコメントを収録してみた。二〇〇二年は大統領選があり、国民は誰がブラジル丸の舵を取るのか興味深々。五里霧中の国際情勢の中で、ブラジルの持ち味を […]
  • 大物外交官がリオで転落死=後遺症による事故か自殺か2015年11月11日 大物外交官がリオで転落死=後遺症による事故か自殺か  伯国を代表する名外交官として知られたセバスチャン・デ・レゴ・バロス・ネット氏(75)が9日、リオの自宅アパートで転落死した。10日付伯字紙が報じている。 調べによるとレゴ氏は午後1時頃、リオ南部コパカバーナのアトランチカ大通りにあるアパートの11階から落ちた。 遺体の傍らにジ […]
  • チャベスの遺体を永久保存=社会主義国大物と同等に=ジウマとルーラも葬儀参列=「喪の強制」と憤る反対派も2013年3月9日 チャベスの遺体を永久保存=社会主義国大物と同等に=ジウマとルーラも葬儀参列=「喪の強制」と憤る反対派も ニッケイ新聞 2013年3月9日  5日に死去したウゴ・チャベス大統領の葬儀は8日11時に行われ、ジウマ大統領やルーラ前大統領らも7日に弔問にかけつけた。ベネズエラ政府は、埋葬は行わず、遺体を永久保存するという。8日付伯字紙が報じている。 […]
  • キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?2016年11月30日 キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?  25日に逝去したキューバのフィデル・カストロ前評議会議長が中南米に与えた影響をもう少し見てみよう。  90年代にはソ連などの東欧の共産圏が崩壊。共産主義の基盤を大きく失う中、キューバもドル解禁などの対策を余儀なくされた上、難民も後を絶たず、カストロ体制の今後も危ぶまれて […]