ホーム | 日系社会ニュース | 日系3人目の部長職に就任=聖州市警 中村ミノル氏=「再びコロニアとの繋がりを」

日系3人目の部長職に就任=聖州市警 中村ミノル氏=「再びコロニアとの繋がりを」

ニッケイ新聞 2013年3月14日

 中村ミノル・エジソン(55、三世)さんが昨月2日、聖州市警の情報部長に就任した。日系人の部長クラス就任は、退任したミヤケ・チョージさん、現役の佐藤エリザベッチさん(人身保護課)に続き3人目。
 情報部とは、情報の収集・分析・伝達等を司る、本部に直属する最重要機関の一つ。ほかにも直属機関が21あり、いずれも聖州市警の警部クラス3500人の中からトップが選ばれる。
 中村部長は「とても光栄だが、責任の重い部署。常に最良の仕事が出来るよう努め、複雑な事件の捜査における機動性を高めたい」と意気込んだ。
 また、同市警が度重なる汚職事件等でイメージを悪化させたことに触れ、「現在、聖州市警は新たな理念を掲げて組織内の悪人を一掃している。まもなく、かつてのイメージを取り戻すことができるはず」とも。
 聖州サント・アナスタシオ市生まれ。両親は幼い頃に離婚し、二世の母エイコさんの手で育てられた。野菜栽培に従事していたが、1976年18歳で市警捜査官に。88年に首席で警部試験に合格、プレジデンテ・プルデンテやオズワルド・クルス市など聖州西部を中心に職務にあたった。最後の職務はリベイラ区の地域局長。警察学校で教鞭も振るう。
 幼少期は日本語学校に通い、運動会など文化行事にも参加していたが、市警に就職して以来、コロニアとは縁遠くなっていたという。「百姓の子が出世し、母は誇りに思っているに違いない。これから、コロニアとのつながりも回復していければ」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ