ホーム | 日系社会ニュース | クリチーバ総領事館=「世界のトップで学べる」=研究留学で非日系3人訪日

クリチーバ総領事館=「世界のトップで学べる」=研究留学で非日系3人訪日

ニッケイ新聞 2013年4月11日

 在クリチーバ日本国総領事館(内山美生(よしお)総領事)は、「2013年度文部科学省国費外国人留学生(研究)」で3人を派遣する。
 修士号取得を目指すペドロ・エンリケ・コスタ・クルスさん(24)、博士号取得を目指すワグネル・ルイス・シュミッチさん(31)、リカルド・モラエス・ムニス・ダ・シルヴァさん(31)のいずれも非日系人が研究留学生として選ばれた。
 先月22日、総領事公邸で説明昼食会を開かれ、元留学生など、関係者約20人が参加した。
 3人を出迎えた内山総領事は「このプログラムを活かし、専門分野を極めて欲しい。各町の日本文化に触れ、日本の良さを感じて来てもらいたい」と激励した。
 パラナ連邦大学の生物学部を昨年卒業したペドロさんは、大阪大学大学院医学系研究科に所属し、「より効果的、特異的なRNAi/RNAの干渉法の改良」をテーマに研究に取り組む。同連邦大学の語学スクールCelinで日本語の勉強にも力を入れた。「この分野で世界トップの大学で学べる」と、期待を胸に語った。
 ワグネルさんはロンドリーナ州立大学で心理学を専攻後、同大大学院で教育学の修士課程を修了。今回、筑波大学大学院の人間総合科学研究科で文化心理学的分析としてのRPG(ロールプレイングゲーム)を研究する事が決まった。
 すでにロンドリーナ州立大学で教鞭をとった事もあるというワグネルさんは、将来は大学教授を目指すという。「今後の大学同士の交流、日本の心理学者との交流に貢献したい」と思いを語った。
 コンピュータ工学を専門とするリカルドさんは、クリチーバのポジチーボ大学を卒業後、パラナ連邦大学大学院で修士号を取得。08年に名古屋工業大学で短期留学を行った経験から日本での研究に興味を持ち、同大の教授とずっと連絡を取り続けてきた。
 今年、ようやくその夢が実現し、同大大学院の工学研究科で顔面神経麻痺のリハビリテーションシステムを研究する。「リハビリ期間の短縮を図りたい。その日本の技術を伯国へと持ち帰りたい」と意欲を見せた。
 同日夜には、総領事公邸でパラナ元留学生協会との懇親会も開かれた。3人は今月1日、日本へ向けて出発した。(長村裕佳子クリチーバ通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]