ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年4月13日

 ペルーのノーベル賞作家マリオ・ヴァルガス・リョサ氏が10日、アルゼンチンで行った講演で「民主国家の大統領がベネズエラのチャベス政権を支持したのは嘆かわしい」と語り、ルーラ前大統領を名指しで批判した。そのチャベス前大統領死去後のベネズエラ大統領選は明日が投票日。リョサ氏はかつて、アルベルト・フジモリ氏とペルー大統領の座を争って敗れている。
     ◎
 ブラジル文学アカデミー(ABL)が11日、欠員だった名誉会員選挙を行い、ロシスカ・ダルシー・デ・オリヴェイラ氏を選出した。リオでのフェミニズム運動の指導者として知られ、数多くの女性学についての著作が世界的に翻訳されてきたことが認められた。ロシスカ氏は「古くからの夢がかなってうれしい」と語った。女性の会員は歴代8人目だ。次回5月の会員選考会ではカルドーゾ元大統領が候補になっている。
     ◎
 11日に聖市パカエンブー・スタジアムで行われたリベルタドーレス杯で、パルメイラスはリベルタッド(パラグアイ)に1—0で勝利した。3勝2敗で第2グループの首位に立ち、1試合を残して、4年ぶりに16強による決勝トーナメント進出を決めたパルメイラス。全国選手権で2部降格になり、主力選手も続々と離脱するなど逆境が続いていたが、この辺りで巻き返したいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、伯国史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の暁に […]
  • 東西南北2015年10月15日 東西南北  13日に行われたロシアW杯予選第2節ベネズエラ戦を3―1で勝利し、ひとまずほっとひと息のセレソンだったが、お隣のライバル、アルゼンチンは散々なスタートを切った。開幕戦はホームでのエクアドル戦を0―2で落とし、第2節アウェイパラグアイ戦は0―0で引き分けた。他の南米予選第2節の […]
  • 東西南北2015年6月16日 東西南北  14日、サッカーのセレソンはコッパ・アメリカのグループ・リーグ第1戦の対ペルー戦で先制点を許すなど苦しんだが、2―1で勝利をもぎとった。この日は、オスカール欠場でゲームメーカー役を期待されているフィリペ・コウチーニョが怪我で欠場し、慣れない布陣での戦いとなったが、エースの […]