ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月12日

 県連故郷巡りの一部がSC州都フロリアノーポリスへミニバスを借りて出かける追加ツアーに加わった時、サントアントニオ・デ・リスボアという鄙びた海岸に寄った。伯人ガイドの「ここには島最古の石畳がある。18世紀中頃、島で最初に文明化された場所の一つ」との言葉を聞き、ピンとくるものがあった▼ここが若宮丸漂流民4人を乗せてきたロシア軍艦が1803年に停泊した場所ではないかとガイドに聞くと、その歴史自体を知らず、ガッカリした。1793年に石巻を出港した「若宮丸」が難破して16人がロシアに流れ着いた。うち4人を乗せたロシア軍艦が嵐に遭って破損箇所を修理するためにデステーロ港(現フロリアノーポリス)に立ち寄ったとの歴史で、初めて世界一周した日本人先駆者たちだ▼『埋もれ行く拓人の足跡』(鈴木南樹、67年)で確認すると、やはり「おそらく北口から進航して今日のサント・アントニオ・リスボーア付近に錨を下ろして停泊したものと思われる」(10頁)と指摘している▼だがニッポ・カタリネンセ協会サイトで確認すると「サンタナ要塞近くに停泊」とあった。古い大橋のたもとに建っている建物だ。南樹の指摘する地点で小舟に乗り換えて、要塞に上陸したとも考えられる▼宮城県には「石巻若宮丸漂流民の会」が01年に創立し、同州都側にも若宮丸協会が11年に発足した。州都セントロの文化センターに記念碑はあるが、肝心の同要塞にはなにもないという。7月に創立60周年式典をする宮城県人会と協力して、最古の日伯関係210周年を記念し、地元伯人にも知れ渡るような何かができないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]