ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月18日

 本紙の研修記者が一時帰国し、2008年のブラジル日本移民百周年時に研修していた元記者らや特派員と東京で酒席を共にした。取材時の思い出話やコロニアの現況などを肴に大いに盛り上がったとの報告を受け、嬉しく思ったと同時に5年も経ったのかと少々感慨深いものを感じた▼集まった3人全員が結婚した。子供ができた2人は家も購入している。それぞれの人生にとって、この5年は百周年時の忙しさにも増して充実した年月だったに違いない。コラム子が無為な時間を過ごしているとは思わないが、時の経つのは早いものだ▼同様に5年が経ったコロニア。百周年後の日系社会は衰退するという見立てが多かったが、紙面を見るにまだまだ元気といえそうだ。コロニアの主役が日本語の読めない世代になったことで広告収入、もちろん購読者の減少は否めないだけに、一世がまだまだ元気という記事を載せることに喜びを感じるのは邦字紙の〃職業病〃だろう▼いまや老人と呼んだら怒られる。熟年クラブの特集ページを13日に掲載した。会員募集が目的だが、五十嵐司会長はじめ理事らの「邦字紙を助けよう」という思いが込められたものだ。まだ捨てたものではないと嬉しくなるではないか▼先週末にあった文協古本市では過去最高の売り上げを記録した。興味深いのは高齢者が多いだけに売れ筋が偏っていた以前に比べ、辞書などの売り上げが大きかったという。数万いるといわれるデカセギ帰りの若い世代なのでは—と想像した。とってつけるようだが、戦後移住60周年が3カ月後に迫る。一世の頑張りを期待、紙面にも反映させたいものだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 灯ろう流し、二宮金次郎像、富士山と鳥居2016年7月9日 灯ろう流し、二宮金次郎像、富士山と鳥居 […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載1)=地方日系団体が3分の1に激減?!2016年10月11日 日本移民110周年は目前だ! (連載1)=地方日系団体が3分の1に激減?!  2009年5月2日、聖南西文化体育連盟(UCES、25団体加盟)の山村敏明会長と小川彰夫氏が、会議に顔を出さない傘下6団体を訪ねて歩くというので、同行取材した。朝9時ごろサンパウロ市を出発して一日で1千キロを走って6会館をまわり、帰りついたのはなんと深夜2時・・・。日本で […]
  • 父はブラジルで、息子は日本で頑張る移民家庭2015年6月12日 父はブラジルで、息子は日本で頑張る移民家庭  三重県鈴鹿市に住む遠藤健二さん(51、二世)はリーマンショック後に解雇されて苦しみ、日ポに加え英西4語の語学力を武器に「ユニオンみえ」の専従職員になり、外国人労働者の権利を守るために奮闘しているという記事が毎日新聞5日付夕刊に掲載された。外国人労働者にとって《遠藤さんがい […]
  • 民衆の声を現すのはデモか支持率か2014年8月23日 民衆の声を現すのはデモか支持率か  本格的な選挙キャンペーンが始まり、普段テレビを観る時間帯は常に政見放送が流れるようになった。観ていて面白いものではないが、国際指名手配されているはずのマルフ元聖市長も堂々と登場するのには驚く。いつまでも平然と政界に居座っている彼自身の神経の図太さはもちろん、それを許す社会 […]
  • 人材をつぶす日本の教育界2014年8月21日 人材をつぶす日本の教育界  南麻州カンポ・グランデであった沖縄移民百周年記念行事で、数年前に本紙で働いていた元研修記者に出会った。今は日本の高校で歴史を教えている。ウチナーンチュの熱い集いを見ながら、「いやー、すごいですね!」と目じりにしわを寄せて笑う。わざわざ夏休みを利用して訪れ、この歴史的行事に […]