ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | トカンチンス=新州誕生から25年!=富と貧困が同居する場所=大豆は豊作でも食糧難?

こちらの記事もどうぞ

  • 李首相(右)を迎えるジウマ大統領(Roberto Stuckert Filho/PR)2015年5月20日 〃救世主〃李首相が来伯=鉄道や電力事業に投資=(上)=基幹工事などに530億ドル=牛肉や航空機輸出の合意も  中国の李克強首相が18日に来伯し、19日のジウマ大統領との会談後、35項目からなる2国間協定を締結したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 企業家約150人を伴って来伯した李首相は、ジウマ大統領と両国間の国交深化と交易の活性化について話し合った後、八つの分野にまた […]
  • 3カ月の海水温2度上昇=今年のエルニーニョは強力=大雨と干ばつは避けられず2015年11月19日 3カ月の海水温2度上昇=今年のエルニーニョは強力=大雨と干ばつは避けられず  世界気象機関(英語ではWMO、ポ語ではOMM)が16日、ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象に関する最新情報として、今年のエルニーニョは年末までに強まり、過去最大級になるとの見通しを示したと18日付G1サイトなどが報じた。 エルニーニョは世界各地で異常気象を引き起こした […]
  • チエテ‐パラナ=「10月からの雨頼み」=農産物の水運路の再開は?2014年8月23日 チエテ‐パラナ=「10月からの雨頼み」=農産物の水運路の再開は?  パウロ・パッソス運輸相は21日、6月から運用が停止しているチエテ‐パラナ水路の「運用再開は10月からの雨の量次第」との見解を示した。22日付フォーリャ紙が報じている。 チエテ‐パラナ水路の昨年の運行量は伯国で2位だったが、今年6月からは、流域の少雨による水位の低下で運行が […]
  • 物流インフラの弱い伯国=たった2年で道路にガタ2014年12月3日 物流インフラの弱い伯国=たった2年で道路にガタ  国庫庁(TCU)が11月26日に承認した報告書によると、マット・グロッソ州(MT)~パラー州(PA)間の国道163号線では、2年間でアスファルトがダメになった所があると11月29日付フォーリャ紙が報じた。 問題の区間はMTルーカス・ド・リオ・ヴェルデ~PAミリチトゥーバ間 […]
  • 干ばつが水運も止める=カンタレイラは9・8%に2014年5月7日 干ばつが水運も止める=カンタレイラは9・8%に  記録的な少雨、干ばつに悩まされている聖州で、水運も止まる可能性が出てきたと6日付エスタード紙が報じた。 6日のカンタレイラ水系の水量は9・8%まで落ち込み、15日からのデッドボリューム(取水口より下にあり従来は利用不能だった部分の水)汲み上げは不可避だ。 4月30日付エス […]