ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 同性愛婚全国で可能に=国家法務審議会が新判断=「法制化の必要」訴える声も

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル社会党(PSB)、大統領候補で方針分裂=アウキミンかバルボーザか=強い意欲見せる元名判事2018年1月31日 ブラジル社会党(PSB)、大統領候補で方針分裂=アウキミンかバルボーザか=強い意欲見せる元名判事  ブラジル社会党(PSB)の一部勢力が元最高裁判事のジョアキン・バルボーザ氏を大統領選で擁立しようと動き、民主社会党(PSDB)のジェラウド・アウキミン氏支持に反対していると、30日付現地紙が報じている。 […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月24日  「神様はブラジル人でしょ」。世界ユースデーに参加するため、22日朝バチカンを発ったローマ法王は、離陸して約2時間後、サハラ砂漠上空を横断中にファーストクラスから出て、機内にいた69人の記者のもとに行き、親しみを込め一人一人に挨拶した。「アル […]
  • 東西南北2014年4月30日 東西南北 ルーラ前大統領がポルトガルのテレビ局RTPに対して行なった「メンサロン裁判は80%が政治的なもので、法的根拠は20%に過ぎない。支持取り付けのための計画などなかった」との発言に対し、最高裁判事らが早速反撃に出た。同裁判の報告官でもあったジョアキン・バルボーザ長官は「ルーラ氏が法 […]
  • 東西南北2013年1月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年1月11日付け  来月のカーニバルを前にマスク販売もはじまっているが、リオの場合、目下の売れ筋はメンサロン裁判で一躍「正義のヒーロー」として注目を浴びたジョアキン・バルボーザ最高裁長官のもので、既に2万5千個を売り上げ、2位のネイマールの4千個を大きく上 […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]