ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年5月21日

 『日本の美』の開会式では、裏千家ブラジルセンターが特別委員会を設け、約2年前から出版準備を進めてきた書籍『花』のランサメントも執り行われた。茶道といけ花、和暦についての三章構成で、それぞれの歴史・基礎知識や道具の扱い方など、約200頁にも及ぶ。委員会に所属し、作成に尽力したブラジルいけ花協会のエリソン・トンプソン・デ・リマ会長は「予定では100頁で終わるはずがいつのまにこんなに。たくさんの伝えるべきことをまとめられて良かった」と胸をなでおろしていた。
     ◎
 小説『放浪記』の著者として知られる作家の林芙美子が戦前、カナダのバンクーバーで発行されていた邦字紙「大陸日報」に、晩年の代表作『浮雲』(51年刊)の原型ともいえる短編小説を寄稿していた。共同通信などが報じた。31年8月12日付け同紙に掲載された『外交官と女』という約2千字の作品で、研究者の間でも全く知られていない作品のよう。林芙美子といえば、戦前海外を飛びまわって執筆活動をしていた〃国際派〃女性。どんな作品なのだろう?
     ◎
 本土復帰から41年目を迎えた5月15日付の沖縄タイムスで、4月から県費留学生として沖縄国際大学で学ぶ松本カリーナ沙登美さん(24、三世)が紹介されている。松本さんは一昨年の副知事ら訪問時、ジアデーマ市の資料館整備に向け力を尽くしていたうりずん会メンバーだ。昨年6月は当地で本土復帰40周年企画展を開いたそうで、「帰国後は沖縄で学んだことをブラジルに持ち帰り、移民の歴史を学ぶ仲間と沖縄の現状を広める予定」だとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]