ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月23日

 映像作家の岡村淳さんによる著書『忘れられない日本人移民 ブラジルに渡った記録映像作家の旅』(港の人、税別1800円)が先月刊行された。ご本人が編集部を訪れ一冊進呈してくれたその晩、栞をはさむことなく一気に読み切った。とても小欄では書ききれない様々なことを感じながら▼1987年に移住してから出会った移民6人との取材を通した人間ドラマと言ってもいい。取材対象は移民という大きな共通項がありながら、その手法は新聞とかなり違う。わずかな時間で移民人生を聞けるべくもないのだが締め切りもあり難しい。素顔をひきだすべく時間をかけ、家族同様に取材対象者に溶け込んでいくスリリングな過程が興味深かった。〃人たらし〃のなせる業だろう▼ですます調の「岡村節」そのものの文体もいい。上映会のトーク同様、グイグイ聞き手を引き込む魅力に満ちている。雑誌やサイトで切れ味のいい文章を披露する岡村さんの初めての著書である。本業は映像、と謙遜なさるが続編を大いに期待したいところ。コラム子好物の毒のスパイスが少なめで、マイルドな仕上がりとなっているのは初心者向けといったところか▼旧石器、縄文時代、宇宙の誕生、日本移民の歴史、自身の移住来歴など様々な時間軸を行き来しながら「自分の時間を生きる」ことの輝きを末尾に説く。制約に捉われないスタイルで取材をし、自分の時間を歩む移民との交流で得た時の感覚だろう。若い人に是非手に取ってほしいし、それぞれの時間を生き、たまに振り返ることもあろう当地の移民のみなさんにも、ぜひ一読を勧めたい好著だ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • 新しいものは基本があってこそ2019年11月7日 新しいものは基本があってこそ  NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のあ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]