ホーム | 日系社会ニュース | 新藤義孝総務相が来伯へ=目的は地デジの海外展開=ブラジルとの提携強化に向け

新藤義孝総務相が来伯へ=目的は地デジの海外展開=ブラジルとの提携強化に向け

ニッケイ新聞 2013年7月20日

 新藤義孝総務大臣が26日頃に来伯する予定を調整中であることが分かった。同大臣が16日に行った記者会見の記録(総務省サイト)によれば、目的は地上デジタルテレビ放送(以下、地デジ)の海外展開に関する担当大臣との会談だ。
 ブラジルでは、2007年から日伯方式のデジタル放送が始まった。前年の06年、当時の総務大臣・竹中平蔵氏が当地を訪れ、署名した。
 現在日本政府はブラジルを皮切りに、南米諸国やアフリカのポ語圏などを中心に、地デジの海外展開を進めている。日本方式の地デジ採用国は、日本を含めてすでに15カ国。今後の展開促進のため、ブラジルと意思疎通を図り、パートナーシップを強化したい考えだという。
 新藤大臣は同記者会見で、「地デジは映像高度化に加え、遠隔地医療、教育、防災など、国の発展のために欠かせない基本的な通信基盤を整えることができる」と重要性を強調し、その認識を当地でも広めたいとの意向を示している。
 なお、来伯後はスリランカを訪れ、日本方式の採用を依頼する予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月20日  「五輪はリセット(やり直し)する良い機会」。竹中平蔵元蔵相の先週の講演で、そんな言葉に考えさせられた。竹中氏は2020年の東京五輪に向けて羽田空港にもっと国際線を乗入れるなどの国内改革や規制緩和をする理由にできるとの意味で、前掲の言葉を出 […]
  • SBPN=「五輪はアベノミクスに追い風」=竹中平蔵 日本経済を解説=2020年に向け景気回復するか2013年11月30日 SBPN=「五輪はアベノミクスに追い風」=竹中平蔵 日本経済を解説=2020年に向け景気回復するか ニッケイ新聞 2013年11月28日  サンパウロ市の文協ビル大講堂で11日、日本の元総務大臣で慶應義塾大学教授などを務める経済学者の竹中平蔵氏が「2020年東京オリンピックを見据えた日本経済の成長の行方と挑戦」をテーマに講演を行った。ブラジル日本研究者協会(SBPN、宮城パウ […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月28日  大竹富江さんの取材で聞こえてくるのは、ほぼ賞賛ばかりだったが、中にはこんな風に語る人もいた。「インスティチュートができてから、とくに名前が大きくなったイメージがある。インスティチュートも日系画家の展覧会をしてくれればいいけど、ほとんどブラ […]
  • コラム 樹海2013年2月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月23日 […]
  • 「進出に長期的視野必要」=竹中元総務大臣が交流会で2012年12月20日 「進出に長期的視野必要」=竹中元総務大臣が交流会で ニッケイ新聞 2012年12月20日付け […]