ホーム | 連載 | 2013年 | 不妊治療天国ブラジル | 不妊治療天国ブラジル=(5)=法律と現実のはざまで=「神の手が介在している」

不妊治療天国ブラジル=(5)=法律と現実のはざまで=「神の手が介在している」

ニッケイ新聞 2013年8月8日

医師たちが祈りを捧げるという、ハンチントン病院の手洗い場

医師たちが祈りを捧げるという、ハンチントン病院の手洗い場

 片島さんは「不妊治療のような最先端の技術は、いつも法律から少しはみでた所にある。法律は後から付いてくるもの」と言う。不妊治療は、まさに法律と現実とのせめぎあいの中にある。
 卵子提供では、提供する女性もホルモン剤を飲むなどしなければならず、体に負担がかかるため、ボランティアでは十分な提供者が確保できない。
 だから事実上、報酬を与えて卵子を確保する病院もあれば、凍結していない卵子を使った場合の成功率が高いことから、匿名の原則を無視して、卵子提供者と卵子をもらう人が生理のサイクルをあわせる病院も存在するという。
 「経済格差も大きいから、例えば会社で働く日系人にお金を払って、卵子を提供してもらうということも出来てしまう。それも、日本の人には知られずこっそりと」。大学の法科で学んだという片島さんは、そんなジェイチーニョを耳打ちし、「全てを法律で細かく縛ることが、正しいことかどうかは分からない」と意外な一言を放った。
 それは、どんなに最先端技術を使っても妊娠しない人もいれば、50歳を目前にしていとも簡単に妊娠する人もいるという、「数字で説明できないことが日々起こっている」不妊治療の現場を目にしてきたからこそ、出てきた言葉だった。
 何十体もの聖人像が並べられたハンチントン病院の小庭の手洗い場には、医師たちが目を潤ませながら祈る姿があるという。10年前、片島さんは、〃生命を操る〃授精ラボの職人である医師たちの、そんな「宗教心の強さ」に心を打たれてボランティアを引き受けようと決めた。
 彼女は今、「妊娠には、最後の一さじに絶対神の力が入っている」と強く信じているという。そして、「私は、そんな仕事は、人の作った法の枠を超えてもいいんじゃないかと思うようになった」との複雑な胸中をもらした。
 取材をしていて、医師たちは実際、法律にはあまり精通していないように見えた。というか、「それほど法律を意に介していない」ようにすら見えることもあった。彼女はそれを、「ブラジルのお医者さんは、不妊治療を『人助け』と思っているから」と説明する。
 例えば米国は、早くから卵子バンクを作った不妊治療先進国だ。合理的な米国らしく卵子も精子も売買できるが、訴訟社会なので、違法なことは一切タブーだ。カトリックの総本山ともいえるイタリアにいたっては、宗教上の理由で卵子提供自体が認められていない。
 そのような世界的な状況の中で、法律に照らせば「違法」なはずの行為も、「人助け」になるなら黙認されるブラジルを、彼女が「不妊治療天国」と呼ぶのは、たしかに腑に落ちる部分がある。
  ☆    ☆
 キリスト教が色濃いブラジルや北米、欧州は、崇める神は同じはずだが、〃神の領域〃に踏み込む不妊治療には、それぞれの国民は様々な判定を下している。同じキリスト教国でもカトリックとプロテスタントの間に横たわる溝は、不妊治療に関して思いのほか広く、そして深い——。
 結局、可否の判定を左右するのは国民性なのだ。日本は慎重な歩みを続けており、規制はしばらく緩みそうにない。今後、ブラジルの状況が国の発展に伴いどう変化していくかは未知数だ。しかし、国民性が大きく変化しない限り、まだしばらくは〃天国〃が続くのではないか。(おわり、児島阿佐美記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子2018年10月31日 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子  先日、サンタクルースのメトロ駅近くで整体治療院を経営する岸本晟さんから、大変貴重な本をお譲り頂いた。半田知雄氏の『移民の生活の歴史』である。  それは、1908年6月18日に第一回笠戸丸がサントスに着岸した日から、1967年5月、移民60周年記念式典に来泊された今上 […]
  • ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選2016年8月19日 ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選       サンパウロ      武地 志津軽量も気迫で乗り切る日馬富士巨体逸ノ城下(くだ)す上手投げ白鵬の手が顔面を被いたる瞬間豪栄道の腰砕け一瞬を松鳳山の変化にて又も不覚を取りし稀勢ノ里両手上げ怯える様の「勢」に白鵬忽(たちま)ち体勢崩れる日馬富士の優勝称え喜びを分かち合い […]
  • ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選2016年7月13日 ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 楽しみが又一つ消えて行く吾が人生の日暮時かな 歌友も師も無き吾の歌の道日日の歩みを短歌に託し テレビにて見とれる日本の桜花恋いつつ逝きし父母に見せたき ひと度も訪日かなわず逝きし父在らばNHK視せましものを いかばかり恋しかりしやふるさとを偲 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • ニッケイ歌壇 (493)=上妻博彦 選2015年7月23日 ニッケイ歌壇 (493)=上妻博彦 選       サント・アンドレー  宮城あきら この年も古本市に通いきて安き良き書を求め楽しむ古りし書の輝く文字懐かしき『啄木全集』買いて帰るも手に取ればたった二ヘアイスの哲学書済まないような握り出しの心地開き見れば南樹の署名滲み古りて時の移りを痛く思いきコロニアの知性ざわ […]