ホーム | 連載 | 2013年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年◇戦前編◇ (32)=リベイラ沿岸の神様・北島=平野、上塚植民地創設の素因

日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年◇戦前編◇ (32)=リベイラ沿岸の神様・北島=平野、上塚植民地創設の素因

ニッケイ新聞 2013年8月24日

「リベイラ沿岸の神様」とまでいわれた北島研三医師(『二十周年写真帳』安中末次郎)

「リベイラ沿岸の神様」とまでいわれた北島研三医師(『二十周年写真帳』安中末次郎)

 西館正和は「父はこちらに来るまで百姓なんてしたことがない人でした」。父繁太郎は元々、軍師団の戦死者の霊を祀る、靖国神社から分祀をした旭川招魂社の管理人をしていたという。
 「1933年にジポブラに入った。ちょうど20周年だった」。西舘は日本で小学3年を終えて4年に入ったところで渡伯した。当地ではブラジル学校に1年半行ったが、兄が死んで辞めた。
 西館「僕は日本を出るときには兄貴が二人おって、三男坊としてきた。弟、妹はジポブラで生まれた」。でも、桂に移って小作している2年目に次男が病気で死んだ。「なんの病気か分からない。あの頃はなんの病気かも気にしなかったな。医者の代わりをしていた高野留七(薬剤師)に見てもらったが、わずか14歳で死んだ。
 最初の医師・北島研三(1870—1923、福井県坂井郡)の頃、当地は外国人でも医師資格を問われない時代だった。しかもリベイラ沿岸唯一の医師であり、貴重な存在だった。
 北島は東京の築地英学校(明治学院の前身)に入学、近衛兵第一連隊に入隊、名古屋愛知医学専門学校に入り、日清戦争に応集された。北清事変、日露戦争では日本赤十字船に乗って医療活動に従事した。《1900年、北清事変の際、多数のフランス国傷兵の治療の功績によりフランス政府から、ラオイシャ・デ・アカデミー四等章を受賞した。日露戦争においては本院外科部医師として活躍し、勲五等旭日章を受ける》という輝かしい経歴を持つ。
 1908年に日本赤十字社を退社、1913年に伯剌西爾拓殖会社に入社し、その年の5月から渡伯赴任した。桂とレジストロ植民地で社医として、分け隔てなくブラジル人にも医療活動をし「リベイラ沿岸の神様」といわれた。
 1923年、ジュキア線一帯にマラリアが大流行した際、助手を連れて救援に赴くが、必死の医療活動の中で自身もマラリアに感染してしまい、同年9月にレジストロの自宅で永眠した。
 『今日のブラジル』(八重野松男、ジャパン・タイムス社、1929年)にもレジストロ地方入植者の特徴として、聖州内陸部に入ったコロノが徒手空拳だったのに対し、こちらは日本で土地購入契約をしてくるから資金がある家で、結果的に《割合知識階級が多い》とする。さらに日露戦争従軍者の入植者の中でも予備海軍機関・石田常太郎の名を挙げた。《同氏は日露戦争の時、旅順港閉塞の決死隊に加わった勇士にして、氏が渡伯の動機は日本の役人が口には、海外発展を推薦しながらも、自らは少しも実行しないのを憤慨して、進んでその範を垂れるべく渡伯したとのことで、現在も朝は早く夜は遅くまで鍬鋤を友として奮闘しておられる》(591頁)
  ☆   ☆
 『先駆者傳』(6頁)にも桂に関して《最初の入植者は初め賃金労働制とせしも、後には十五町歩を無償提供し、住宅を與え、生産物の二割五分を會社に納入する分益農組織とした。この集団自作農制度の成功は、在伯邦人を刺激し、平野、上塚等の植民地創設の素因をなしたものである》と高く評価されている。
 ところが、桂の次の肝心のレジストロ植民地には深町信一、国行卯一ら国内転入組が1914年9月に入植したが、本格的入植開始といえる日本直来者19家族が来るのは、なんと4年後の1917(大正6)年を待たなければならなかった。
 直来者が来るまでの間に聖州各地で植民地が生まれていた。当初の計画にはなかった桂だが、結果的にこのおかげでイグアッペ全体が〃最初の植民地〃という名称を得た。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ