ホーム | 日系社会ニュース | 聖西連合会『移民祭』=加盟11団体が100演目

聖西連合会『移民祭』=加盟11団体が100演目

ニッケイ新聞 2013年9月6日

 文化福祉聖西芸能連合会(木村優会長)は9月15日午前9時から、タボン市立劇場(CEMUR/Praca Vicola Vivilechio – Taboao da Serra)で『第33回移民祭』を開く。
 タボン・ダ・セーラ体育文化協会、イタペセリカ体育文化協会など加盟11団体の会員が参加し、日本舞踊やカラオケ、和太鼓など100以上の演目が披露されるほか、高齢者表彰もある。
 案内のため来社した木村会長、田畑稔名誉会長、橋谷文夫相談役は「連合会最大のイベント。多彩なプログラムを楽しんで」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙地方外務員 摺木(すりき)康男さん2017年2月23日 ■訃報■本紙地方外務員 摺木(すりき)康男さん  パラナ州トレード日本人会長を2期務めた後、日伯毎日新聞からニッケイ新聞まで34年にわたって外務担当などを務めてきた摺木(すりき)康男さんが、16日午後6時、肺癌のためレカント・サンカミロ病院で亡くなった。享年83。  1933年に鹿児島県南九州市頴娃町牧之内で生まれた摺木さ […]
  • 寄稿を呼びかける皆さん2014年11月5日 イタペセリカ文協=日語校80年で記念誌発刊へ=卒業生に寄稿を呼びかけ  イタペセリカ・ダ・セーラ文化体育協会(田中章浩会長)の日本語学校が来年、創立80周年を迎えるにあたり、記念小誌の編纂を進めている。実行委員が卒業生らに千字程度の近況報告を呼びかけている。 記念小誌には同窓生などの住所録のほか、家族写真と紹介文などを記し、児童の […]
  • コーヒー鑑定士特別講座も=日帰りサントスツアーで2018年8月16日 コーヒー鑑定士特別講座も=日帰りサントスツアーで  旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)が4日、「コーヒー探訪シリーズ第二弾 日帰りサントスツアー」を開催し、20人が参加した。ツアーではモンテ・セーラの丘やコーヒー博物館などの観光名所めぐりのほか、元コーヒー鑑定士で現在教授としてコーヒー鑑定を教えるニルトン […]
  • ミツオ・ナカオ=限定珈琲で110周年に協力=曽祖父の思い紡ぐ日系四世2018年3月14日 ミツオ・ナカオ=限定珈琲で110周年に協力=曽祖父の思い紡ぐ日系四世  親子3代で珈琲農園を続けてきた老舗珈琲ブランド「Mituo Nakao(中尾光男)」の3代目、中尾アンドレさん(29、4世)が、移民110周年の資金集めに協力を申し出た。 […]
  • パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出2017年2月3日 パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出  移民110周年をいよいよ来年に控える中、パラナ日伯文化連合会(折笠力己知会長)は先月29日、ロンドリーナ市の同会講堂で定期総会を開催し、新体制を発足させた。5年間会長職を務めた折笠氏は勇退し、マウア・ダ・セーラ文協で日語書記(元会長)を務める上口寛氏(66、鹿児島県)を新 […]