ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月7日

 ブルーツリーホテルズの青木智栄子社長が12日、南米マーケティング・パーソナリティ賞(LAMPA)を受賞する。同賞は南米の様々な分野で活躍する企業家を顕彰するもので、同日カリブ海のキュラソー島で授賞式が行われるとか。同氏は6月、米国の経済誌「フォーブス」から「ブラジルで最も影響力のある女性」に選ばれたばかり。ブラジルの発展と共に、注目度も益々アップ。
     ◎
 海外移住資料館(横浜)で「特別展示『海を渡った日本人町』展〜アメリカ大陸の日本人町、日本町、日本人街、小東京〜」が開かれている。今月29日まで。ロスのリトルトーキョー、サンフサンシスコのジャパンタウン、そして我らがリベルダーデを豊富な資料と写真で紹介している。近々訪日される人は立ち寄ってみては。
     ◎
 今週初め午前5時半頃、リベルダーデ区グロリア街250番辺りを歩いていた二世の高齢女性が突き飛ばされ、財布やイデンチダーデの入った鞄を奪われた。まだ真っ暗な時間であり、犯人の顔はわからないが二人組の若い男性で、犯行後はグリセリオ街方面へ逃げていったという。すぐ後の6時からはそばのリベルダーデ広場でラジオ体操が始まる時間。景気が停滞し始める兆しがあり、好景気時に贅沢を憶えた若者がお金ほしさに犯行に走る可能性もあるようだ。東洋街だからといって安心せず、常に周囲に注意を!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、聖市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年も伯国各地で演奏会を行なった。 […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]