ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年9月7日

 双方の話がかみ合わないUPK問題の取材は、まさに芥川龍之介の小説『藪の中』のようだった。
 しかし取材が進む内、山尾会長は終始冷静で、説明にブレがないとの印象をもつようになった。一方、結城前会長の方は、憤慨気味に「もう弁護士と話してくれ」「今の会長は僕じゃない」と開き直るような発言が多く、理解が難しいと感じた。
 しかし、後に結城氏からの反証書類を読み、実は官僚側が突然〃解釈〃を変えたとか、引継ぎが悪かったという可能性を強く感じ、少々考え込んだ。大企業ですらまともな引継ぎがないことがある当地において、08年当時から3度も省内で人事異動があったのだから、実は観光省側の不手際だったというオチは十分ありえる。
 20周年という節目を前に、〃借財〃という汚名に加え、UPK内部の暗雲が晴れることを心から願う。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 独移民の町、ポメローデ2019年2月9日 独移民の町、ポメローデ  世界最大規模のオクトーバーフェストが催されるサンタカタリーナ州ブルメナウから、車で一時間ほど離れたところに「ポメローデ」というドイツ移民の町がある。〝ブラジルで最もドイツらしい町〟との名を冠するところだ。  ブルメナウからは近いが、ポメローデ行きの路線バスは一日数本しか出て […]
  • 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル2019年1月31日 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル  「ブラジルは距離が遠いからか、日本文化があまり伝わっていない」――日系社会に対して、日本の伝統陶芸家である十一代目大樋長左衛門氏が発したその言葉に、少し驚いた。  到着した24日に来社した際、大樋氏に印象を聞くと「日系社会の関係が濃く大きい。どの国と比較しても一番日本人らし […]
  • 日本の社会問題、『万引き家族』2019年1月23日 日本の社会問題、『万引き家族』  昨年のカンヌ映画祭で最高賞のパルム・ドール賞を獲得し、今年のアカデミー外国語映画賞にノミネートが決定した『万引き家族』。オバマ米前大統領もSNSで昨年のベスト10に同作品を挙げており、海外からの評価も高い。伯国では10日から上映が始まった。  出演は大河ドラマ『龍馬伝』にも […]