ホーム | 日系社会ニュース | 『日本の水が飲みたい』=広橋さんの新小説を開始  

『日本の水が飲みたい』=広橋さんの新小説を開始  

 

ニッケイ新聞 2013年9月12日

 

 本日から6面で開始される小説『日本の水が飲みたい』の著者は、戦後の技術移民の広橋勝造さん(68、福岡)=聖市在住=だ。医療機器販売会社を経営し、自ら営業に飛び回る忙しい生活をしている。「小説を書いている時間が、人生で一番楽しい時間」という広橋さんは、交渉相手である医者の空き時間を待つ間が執筆時間で、常にノートパソコンを持ち歩く。
 工業高校卒で、意外なことに「数学の成績は良かったが、国語は最悪だった」と振り返る。最初は衛星通信設備会社の派遣社員としてペルーに6カ月間駐在して帰国すると、「日本が面白くない」と感じるようになり、71年に技術移住し、テレスピ(電話局)に8年働き、「日系社会をあまり知らなかった」という。
 03年にポ語コントス(短編集)『Almas Cigana』(www.concise.com.br/hiro1.htm)をサイトで公開し、続いて日語で小説『昨日からの電話』『微生物』を上梓し、今回が小説3作目となる。
 広橋さんは「私の作品に必ずてくる〃ジョージ〃という二世は、実際に私の人生を助けてくれた二世恩人をモデルにしている」という。今回の小説にも登場し、主人公である日本からきた仏教僧中嶋がブラジルの大地に眠る開拓者の霊を弔い、布教して歩くのを手伝う。リベルダーデはもちろん、トメアスー移住地なども登場する。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在聖総領事に野口氏=10月中旬着任の予定2017年9月7日 在聖総領事に野口氏=10月中旬着任の予定  在聖総領事館の総領事として、野口泰氏(51、山口)が10月中旬の予定で着任することが明らかとなった。 […]
  • フジモリ元大統領入院=舌の痛みなど訴え2016年9月21日 フジモリ元大統領入院=舌の痛みなど訴え  【リオ・デ・ジャネイロ共同】在任中の人権侵害事件で禁錮25年の刑に服しているペルーのフジモリ元大統領(78)は18日、腫瘍の手術を受けたことがある舌の痛みなどを訴えて首都リマの病院に入院、検査を受けた。矯正当局者が明らかにした。 […]
  • 移住百周年の調査に協力を!=和歌山が初期移民とコーヒー求む2017年3月9日 移住百周年の調査に協力を!=和歌山が初期移民とコーヒー求む  和歌山県人会(谷口ジョゼ眞一郎会長)が10月29日に行う『県人移住100周年記念式典』に先立って、初期移民や県系人が栽培するコーヒー豆を探している。 […]
  • フジモリ元大統領恩赦申請=ペルー、実現は困難か2016年7月26日 フジモリ元大統領恩赦申請=ペルー、実現は困難か  【リオ・デ・ジャネイロ共同】ペルーのカテリアノ首相は23日、在任中の人権侵害事件で禁錮25年の刑に服しているフジモリ元大統領(77)が法務省に人道的恩赦を申請したことを明らかにした。 ペルーでは28日にウマラ大統領が任期満了で退任し、クチンスキ元首相(77)が新大統領に就任す […]
  • 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に2016年8月24日 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に  今年、創立90周年を迎えたブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は、写真展、芸能祭、式典をという3つの記念事業を企画した。  『写真展』は28日から聖州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, […]