ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年11月22日

 ベネズエラ議会はマドゥーロ大統領に1年間限定で、議会を経ずに政策を打ち出せる特権を与えた——とのニュースに接して頭を抱え込んだ。Xマスを11月に前倒しとの報道にも仰天したが、議会がそんな特権を与えるとは…。選挙で選ばれた代議士の集まりである議会は、国民に代わって政権を監視する重要な役割を持つ。それを自ら放棄するとは「独裁政権を議会が承認した」のに等しい▼ヒトラーもムソリーニも最初は選挙で民主的に選ばれた政治家だった。結果的に独裁政権を作ったが、国民がそれを許し、望んだ部分があった。「政治家は国民の鏡」だ▼そんな歴史から学ばず、民主的な手続きによって独裁者を生んでしまうのは「民主主義の限界」か。国民の政治意識の未熟さ、自ら考えて政治に参加するのでなく、事態が複雑になったらカリスマを待望して任せたいという他力本願意識の表れか▼莫大な石油収入という〃打出の小槌〃に頼って国民迎合主義的になったチャベス路線を継承し、年率54%のインフレという経済難に直面したマドゥーロ。来年の国民総生産を劇的に上げるために、この特権を求めた▼経済規模を拡大するには、民間企業の活動を活発化させるのが資本主義の本道だ。独裁政権的な経済に大型投資をしようという民間企業がいるのだろうか。むしろ手を引くのが普通であり、更に経済沈滞にまっしぐらだ。マドゥーロはそれを外資系企業のせいにしてさらに攻撃…という悪循環すら予想される▼選挙で独裁者を作ってしまったら、それを止められるのは軍しかいない。今さら南米で軍事クーデターとは、いただけない話だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか2019年1月29日 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか 親米勢力VS反米勢力  「一つの国に二人の大統領」――ベネズエラは異常事態に陥っている。  しかも、『グアイド暫定大統領側』(国民議会議長)には米国を盟主とする汎米諸国(ブラジルなどリマグループ)や英仏独などのEU主要諸国、『マドゥーロ大統領』の側にはロシア、中 […]
  • 「ルーラ立候補妨げるなと国連が勧告」はフェイクニュース?2018年8月21日 「ルーラ立候補妨げるなと国連が勧告」はフェイクニュース?  「国連人権委員会」というのは不思議な組織だ――17日付グローボ局ニュースが《Comitê de Direitos Humanos da […]
  • 大統領選を左右するか「戦略投票」2018年9月25日 大統領選を左右するか「戦略投票」  「Voto […]