ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2014年1月7日

 現在聖市で公開中の日本映画『そして父になる』(是枝裕和監督)を伯人の友人らと観に行った。子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を描いた物語だが、夫婦が子供を交換するのか否かを明確にしないままの結末だった。

 一緒にいた時間か、血のつながりか―。涙を拭く姿が散見される会場を後にしながら、「彼らはどちらを選んだのか」と考え込んだ。でも友人は「最後は一つの家族になったんだね」と能天気な笑顔で、思わず拍子抜けした。もう一人も「いい映画だね」と言うばかりで、結末の如何は気にしていないよう。

 「本人次第で、どっちでもいい」が監督のメッセージのような気もする。一般論で言えば、伯人の多くは誰かと一緒にいることで幸せを感じる感覚が日本人より強そうなので、育ての親を選ぶような気もするが…。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • コラム オーリャ!2014年3月29日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月29日  震災から3年、人々の震災に対する関心が薄れている。全国社会福祉協議会によると岩手、福島、宮城へのボランティア人数は、2011年5月、約18万人だったのに対し、今年2月は約4500人と40分の1に減少していると聞く。  一方、地球の反対側の […]
  • コラム オーリャ!2014年3月26日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月26日 日本サッカーの人気チーム、浦和レッズの試合応援席で「JAPANESE ONLY」(日本人のみ=外国人お断り)の横断幕が掲げられたことに関して議論が巻き起こっている。 それを把握していながら、撤去するなどの措置を講じなかったチームに対し、無観 […]
  • コラム オーリャ!2014年3月28日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月28日  JICAの長谷川辰雄ボランティア班長によれば、野球の派遣活動は「2020年の東京五輪に向けたスポーツ振興の一つ」という位置付けもあるという。  今も30人程度が世界中で野球・ソフトボールの普及・技術力向上に貢献しており、国際野球連盟からも […]