ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 猛暑で海や湖が大混雑=電力業界では懸念広がる

こちらの記事もどうぞ

  • 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める2014年3月29日 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める ニッケイ新聞 2014年3月29日  電力危機がささやかれる中、エジソン・ロボン鉱山動力相がはじめて、「節電する必要が生まれる可能性がある」ことを明かした。28日付伯字紙が報じている。  鉱動相はこれまで電力制限の可能性を否定してきたが、経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナ […]
  • 北部4州の増水被害拡大=被災者は2万2千世帯に=発電所の環境許可問題も2014年3月13日 北部4州の増水被害拡大=被災者は2万2千世帯に=発電所の環境許可問題も ニッケイ新聞 2014年3月13日 【既報関連】北部を流れるマデイラ川などの増水が止まらず、ロンドニア州、アクレ州、アマゾナス州、パラー州の被災者は2万2千世帯に及んだと12日付フォーリャ紙が報じた。 ロンドニア州ポルト・ヴェーリョでは、マデイラ川の水位が18・60メートルに […]
  • 電力不足の可能性低し=鉱動省が関係者集め説明会2014年3月20日 電力不足の可能性低し=鉱動省が関係者集め説明会 ニッケイ新聞 2014年3月20日 鉱山動力省が18日、電力部門の企業家らを集め、電力不足で供給制限が起きる可能性は低いと説明したと19日付エスタード紙が報じた。 水力発電所のダム貯水量が減少し、火力発電所が通年稼動、燃料の輸入も増加という報道が続く伯国だが、鉱動省関係者は、 […]
  • Sアントニオの発電停止=マデイラ川増水で危険増し2014年2月27日 Sアントニオの発電停止=マデイラ川増水で危険増し ニッケイ新聞 2014年2月27日  【既報関連】ロンドニア州を流れるマデイラ川の記録的な増水を受け、全国電力システム運営機構(ONS)がサントアントニオ水力発電所の運転停止を決めた。  26日付エスタード紙によると、マデイラ川の増水は止むところを知らず、建設途上でいまだに脆 […]
  • 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上2014年3月8日 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上 ニッケイ新聞 2014年3月8日 1月の貿易収支が大幅赤字で終わった後、2月の貿易収支も同月としては統計史上最悪の21億2千万ドル赤字で終わったため、1~2月の赤字累計も統計史上最悪の62億ドルとなったと7日付伯字紙が報じた。 2月の貿易収支は、輸入が昨年同月比7・3%増で2 […]