ホーム | 日系社会ニュース | Sカタリーナ=草の根協力で7万ドル超=病院に医療機器を供与

Sカタリーナ=草の根協力で7万ドル超=病院に医療機器を供与

ニッケイ新聞 2014年1月15日

 日本政府は草の根・人間の安全保障無償資金協力により、「ノッサ・セニョーラ・ダ・コンセイソン病院 服膣鏡下手術セット整備計画」に対し、総額7万2417ドルの支援を行った。サンタカタリーナ州ウルサンガ市の同病院で昨年11月17日、器材の供与式が行われ、在クリチバ日本国総領事館(当時)の市岡晃領事、アルナルド・ジェズス・ベス・バッチ院長、ジオバニ・マニケ・バヘット名誉院長、ウルサンガ市のルイス・エンヒケ・マルチンス副市長ら、約30人が出席した。


 1927年に設立された同病院は同州南部の第2次保健医療施設として、隣接する7市の住民約10万人に対し、地域医療の中核的医療機関及び救急病院として医療サービスを提供している。毎年800件以上の手術を実施しているが、実際にはこの数倍の患者が外科手術の順番を待っている状況だという。こうした状況を改善するべく、より効率的な手術ができる腹腔鏡下手術セットが供与された。

 マルチンス副市長は、ウルサンガ市を代表して日本政府に感謝の意を表し、「多くの団体から日本国総領事館にプロジェクトの申請がある中、この病院のプロジェクトが選定されたことは光栄に思う」と述べた。

 またバヘット名誉院長は、「この器材供与は住民の健康及び医療環境の向上に大きく裨益する。日本国民および日本政府に心から感謝したい」と述べた。

 市岡領事は「器材が有効に活用され、市民の医療・衛生環境の改善と、日伯両国の友好の絆がより一層強化される事を願う」と期待した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 水曜シネマ=4月の上映予定2014年3月29日 水曜シネマ=4月の上映予定 ニッケイ新聞 2014年3月29日  文協水曜シネマの4月の上映予定が決まった。会場は全て小講堂。開演時間は午後1時から。 ◎2日=「丹下左膳飛燕居合斬り」(1996年・五社英雄監督・中村錦之助) ◎9日=他イベントの為、上映なし ◎16日=「配達されない3通の手紙」(197 […]