ホーム | 日系社会ニュース | 「人類の未来を考える」=環境考古学 安田氏講演会

「人類の未来を考える」=環境考古学 安田氏講演会

ニッケイ新聞 2014年1月28日

 ブラジル日本会議(小森広理事長)が国際日本文化研究所名誉教授の安田喜憲氏を招き、2月4日午後2時から宮城県人会大サロン(Rua Fagundes, 385, Liberdade)で、特別講演会『環境と生命-環境考古学からのアプローチ』を開く。入場無料。

 「環境考古学」の創設者・安田氏が環境の変化から歴史や気候を検証し、東西の文化の違いを解き明かす。また文明と環境の関係を地球規模で分析することで、人類の未来を模索する。昨年に続き2回目。

 三重県出身。東北大学大学院環境科学研究教授、ドイツ・フンボルト大学客員教授で、スウェーデン王立科学アカデミー会員(日本唯一のノーベル賞選考委員)。東京財団研究員。「気候変動の文明史」「日本よ、森の環境国家たれ」など著書も多数。

 同会議の徳力啓三さんは「心の底に焼き付けられる内容。人類の過去と未来に興味のある方はぜひ」と呼びかけている。

 問い合わせは小森理事長(11・3271・6304)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • ■今週末の催し2014年3月27日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2014年3月27日 土曜日(29日)  名画友の会・特別鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, 134, Liberdade) ◎ ブラジル日本語センター・通常総会、午後2時、同センター(Rua Manuel de […]
  • ■訃報■元長野県人会長 北沢重喜さん2014年3月28日 ■訃報■元長野県人会長 北沢重喜さん ニッケイ新聞 2014年3月28日 長野県人会元会長で、ビリチーバミリン市で農場経営をしていた北沢重喜さんが先月22日、入院先の日伯友好病院で亡くなった。享年83。 長野県千曲市出身。1955年力行会を通して移住した。スザノ市で馬鈴薯作りなどを経て、63年からビリチーバミリン […]
  • 岸川ロベルト氏に大十字章=剣道八段合格の功績称え2014年3月25日 岸川ロベルト氏に大十字章=剣道八段合格の功績称え ニッケイ新聞 2014年3月25日 剣道家の岸川ロベルトさん(48、二世)=香港在住=が昨年11月、全日本剣道連盟による八段審査会に合格(2013年12月11日付詳報)したことで、ブラジル教育統合協会(救仁郷靖憲会長)からグランクルス(大十字)章が贈られた。 叙勲式が佐賀県人 […]
  • 新会長へ就任濃厚となった本橋氏2014年3月26日 県連会長選=鳥取 本橋氏が次期会長か=単一シャッパ、総会で承認へ=園田氏に続き、一世続投 ニッケイ新聞 2014年3月26日 鳥取の本橋幹久氏が県連会長に――。ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の選挙シャッパ提出が14日午後5時に締め切られた。本橋現副会長を会長候補とする単一シャッパで、副会長、会計、書記ふくめ12人が明記されている。27日の総会で承 […]