ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2014年1月29日

 当地の日系人が日本で学ぶ奨学制度はいろいろ存在する。ところが、その逆はあまりない。

 日本が日系外国人労働者を受け入れて20年以上が経ち、幼くして訪日した、または日本で生まれた人たちが成長し、両国の狭間で揺れ動く姿は紙面にも登場するようになった。

 人生のほとんどを日本で育ったデカセギ子弟にとって、当地は未知の〃母国〃であり、もっとこの国のことを知るため、忘れてしまった言語を学びなおすため当地を訪れたいと思うのは自然だ。でも、それを後押しするところはまだ少ない。

 CIATEが運営している昭栄奨学金はその数少ない奨学制度のひとつだ。当地で企業活動を行っていた日本企業の原資で運営されているという。両国の架け橋となる人材を求めるのは簡単だが、制度や機会なくして人材は育たない。(宮)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • コラム オーリャ!2014年3月19日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月19日  先日、在聖総領事館の植田領事と話をしていて気なったのは、「再度デカセギ目的で訪日を希望する人は、当地でも希望通りの就職ができていないのでは」との言葉だ。  12年に公開された、日伯間で揺れ動く日系伯人の青年たちを追ったドキュメンタリー映画 […]
  • コラム オーリャ!2014年2月19日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月19日  『社会に開かれた日語教育を』連載で紹介した松原教授は、日語を学ぶ日系大学生の動機は「日系の顔をしているのに日本語が話せないと恥ずかしいから」といった世間体に後押しされている例があると著書に書く。「日本語が完全なる外国語になりつつある現代社 […]
  • コラム オーリャ!2014年2月14日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月14日  連載「リオ五輪で期待の伯国柔道」で多くの方々に取材した中でも、10年間の無給期間含め35年以上に渡って貧困層への柔道指導に奉じる松尾三久さん(第6回)の話が印象に残った。  教室を続けるため、家族に大きな犠牲を強いてきたという。「妻は家計 […]
  • コラム オーリャ!2014年2月5日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月5日  〃ブラジル出身の熱血先生〃。先日NHKの番組で、教え子たちに全力でぶつかり、愛知県の公立中学校で活躍する英語教諭伊木ロドリゴ(27、三世)さんが紹介された。  彼は当地に生まれ10歳のとき、デカセギのため渡日した両親と共に愛知県に移り住んだ […]