ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年1月30日

 今や「マンガ」は世界の共通語だ。当地でも、非日系人の日語学習者に出会うことが度々あるが、動機を尋ねると半数以上は「マンガやアニメがきっかけ」と答える。「好きな作品を原文で読みたい」というのは自然な欲求だ。これを通じて日語学習者になった若者は、世界でも多い▼日本では、通勤途中の中年男性が電車の中でマンガを開いている光景は珍しくない。「マンガは子どもの読むもの」という昔の〃常識〃は今や時代遅れで、「たかがマンガ」と侮れないほど内容は高度・多様化している▼日本政府も「クールジャパン」と称し、マンガを含めたポップカルチャーの海外展開に本腰を入れだした。話者がほぼ日本国内にしかいない独自性の高い言語に海外の若者を向かわせるのだから、その秘めたるパワーは計り知れない。日本語の読み書きが驚くほど堪能な二世の知り合いから「言葉はマンガで覚えた」と聞いた数日後、バンカでポ語版マンガを漁る自分がいた。逆に、マンガの力でポ語力を上げたいと▼思えばマンガブームを疑いたくなるほど、マンガ本の当地での品揃えは貧相だ。東洋街の本屋ですら申し訳程度のところが多い。日本のように名作が全巻そろう店がない。マンガファンの嘆きが聞こえてきそうな現状だ▼品揃え豊富なマンガ専門書店やマンガ喫茶があれば若者のメッカにだってなるだろう。コスプレした店員に対応させたり、メイド喫茶的サービスを売りにすれば立派な観光名所だ。マンガ・アニメという餌をたらせば、日本文化に食いつく若者がいるかもしれない。部屋に空きのある県人会があれば、試しにマンガ喫茶はどう?(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]