ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年1月30日

 今や「マンガ」は世界の共通語だ。当地でも、非日系人の日語学習者に出会うことが度々あるが、動機を尋ねると半数以上は「マンガやアニメがきっかけ」と答える。「好きな作品を原文で読みたい」というのは自然な欲求だ。これを通じて日語学習者になった若者は、世界でも多い▼日本では、通勤途中の中年男性が電車の中でマンガを開いている光景は珍しくない。「マンガは子どもの読むもの」という昔の〃常識〃は今や時代遅れで、「たかがマンガ」と侮れないほど内容は高度・多様化している▼日本政府も「クールジャパン」と称し、マンガを含めたポップカルチャーの海外展開に本腰を入れだした。話者がほぼ日本国内にしかいない独自性の高い言語に海外の若者を向かわせるのだから、その秘めたるパワーは計り知れない。日本語の読み書きが驚くほど堪能な二世の知り合いから「言葉はマンガで覚えた」と聞いた数日後、バンカでポ語版マンガを漁る自分がいた。逆に、マンガの力でポ語力を上げたいと▼思えばマンガブームを疑いたくなるほど、マンガ本の当地での品揃えは貧相だ。東洋街の本屋ですら申し訳程度のところが多い。日本のように名作が全巻そろう店がない。マンガファンの嘆きが聞こえてきそうな現状だ▼品揃え豊富なマンガ専門書店やマンガ喫茶があれば若者のメッカにだってなるだろう。コスプレした店員に対応させたり、メイド喫茶的サービスを売りにすれば立派な観光名所だ。マンガ・アニメという餌をたらせば、日本文化に食いつく若者がいるかもしれない。部屋に空きのある県人会があれば、試しにマンガ喫茶はどう?(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • コラム 樹海2014年3月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月22日  南マットグロッソ州都カンポグランデ市を訪れた。今年、日本人入植から100年を迎え、カンポグランデを通って入植が始まったボリビア・オキナワ移住地も60周年の節目。母県からの慶祝団の訪問もあることから、お互いの行き来も今後あるようだ。市の無形 […]
  • コラム 樹海2014年3月21日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月21日  坂本龍馬の時代から日本の人が海を見て思うのは、その遥か先にある異国のことだった。でも移民が海を見て想いを馳せるのは、逆に祖国だった▼県連移民のふるさと巡りに同行取材して、タウバテ市にあるモンテイロ・ロバット資料館を訪れたあと、本橋幹久団長 […]
  • コラム 樹海2014年3月12日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月12日  在聖総領事館主催の「日系市長と若手日系リーダーとの交流会」で、小野ジャミール市長が言った「大農場主などの金持しかなれなかった市長に、農夫の息子の私が当選できたのは、ジャポネースへの信頼感が強いから」との言葉に感じ入った。福島県人会長時代と […]
  • コラム 樹海2014年2月8日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月8日  「欧米が正しい、西洋科学が正しいと皆思っていたが、そうじゃない!」。宮城県人会会館で開かれた講演会で4日、国際日本文化研究所教授の安田喜憲さんは口角泡を飛ばさんばかりに力説した▼同氏は環境考古学という新学問の創設者だ。福井県の水月湖で「年稿 […]