ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月5日

 最後の製茶工場を経営するレジストロの天谷良吾さんの祖父、捨吉さんは少し変わった人だったらしい。福澤一興さんが12年に天谷伊都子さん(当時92歳、良吾さんの母)から聞き取ったメモには「おじいちゃん(捨吉)は本ばかり読んで何もしない人だった。ある時、まだ小さかった私の子供たちを集め、『科学の力は大したもんだから、そのうちに人が月に行けるようになる』と話しているのを聞き、何をバカな事をと思った。今から思えば、遠くを見られる人だった」と興味深い回想をしている▼天谷邸の前には広い池がある。福澤メモによれば「小川を手作業で堰とめて堤防を築き、1アルケールの池を作った。目的は子供たちにタンパク質が豊富な栄養ある魚を食べさせるため」と由来が書いてあった▼祖父が北海道開拓時代に、子供に栄養あるものを食べさせることの大事さを学んだに違いない。夢見がちな部分を持ちつつも、足元を見失わない。それが〃遠くを見られる人〃なのだ▼純洋風に見えた天谷邸だが、玄関を入ると正面に北海道知事の額、左手に立派な仏壇があり、中は和風だった。暑い地域だけに天谷家では水代わりにアイスティーを飲むのだと、氷入りグラスで出された。チリンという涼しげな音と共に、目に鮮やかな深紅、濃厚な香りが格別で驚いた。この飲み方なら真夏の聖市でも合うに違いない。レストランのメニューに入れてはどうか▼岡本農場には、寅蔵がセイロンからもってきた種から育てた原木がまだあるとか。ふだんは珈琲党のコラム子だが、その日ばかりは紅茶の歴史を味わいながら、移民と共に海を渡った〃宝の木〃に思いを馳せた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • そして「彼」までも去って行った2019年8月16日 そして「彼」までも去って行った  「ついに『彼』までも離れてしまったか」。これが13日に、アレッシャンドレ・フロッタ下議が、所属の社会自由党(PSL)から追放処分を受けた際にコラム子が思ったことだ。そして同時にこうも思った。「ボウソナロ信者から離れるる人で一番やっかいなタイプはこういう人なんじゃないか […]
  • ボウソナロ政権、最初の100日で分かったこと2019年4月9日 ボウソナロ政権、最初の100日で分かったこと ▼スタートダッシュに失敗したボウソナロ    ボウソナロ政権はスタートダッシュ(最初から全力疾走)をするはずだったのに、逆に失速している。  ブラジルの場合、大統領は1月1日に任命されて働き始めるが、連邦議員が就任するのは2月初めで時差がある。さらに、この国の呆れた習慣の […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃2018年10月2日 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃  「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」――ベストセラー『バカの壁』(2003年、養老孟司著、新潮社)には、そう書かれている。帯には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、広告には「バカの壁は誰にでもある」という […]
  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]