ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月5日

 最後の製茶工場を経営するレジストロの天谷良吾さんの祖父、捨吉さんは少し変わった人だったらしい。福澤一興さんが12年に天谷伊都子さん(当時92歳、良吾さんの母)から聞き取ったメモには「おじいちゃん(捨吉)は本ばかり読んで何もしない人だった。ある時、まだ小さかった私の子供たちを集め、『科学の力は大したもんだから、そのうちに人が月に行けるようになる』と話しているのを聞き、何をバカな事をと思った。今から思えば、遠くを見られる人だった」と興味深い回想をしている▼天谷邸の前には広い池がある。福澤メモによれば「小川を手作業で堰とめて堤防を築き、1アルケールの池を作った。目的は子供たちにタンパク質が豊富な栄養ある魚を食べさせるため」と由来が書いてあった▼祖父が北海道開拓時代に、子供に栄養あるものを食べさせることの大事さを学んだに違いない。夢見がちな部分を持ちつつも、足元を見失わない。それが〃遠くを見られる人〃なのだ▼純洋風に見えた天谷邸だが、玄関を入ると正面に北海道知事の額、左手に立派な仏壇があり、中は和風だった。暑い地域だけに天谷家では水代わりにアイスティーを飲むのだと、氷入りグラスで出された。チリンという涼しげな音と共に、目に鮮やかな深紅、濃厚な香りが格別で驚いた。この飲み方なら真夏のサンパウロ市でも合うに違いない。レストランのメニューに入れてはどうか▼岡本農場には、寅蔵がセイロンからもってきた種から育てた原木がまだあるとか。ふだんは珈琲党のコラム子だが、その日ばかりは紅茶の歴史を味わいながら、移民と共に海を渡った〃宝の木〃に思いを馳せた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボウソナロは独裁者になれるか?2020年6月12日 ボウソナロは独裁者になれるか?  5月末から、ブラジルでは反ファシズム・デモが行われている。これは、自分たちに都合が悪くなるとやたらと軍事クーデターの可能性をチラつかせるボウソナロ大統領関係者の言動に対する国民の反発に、米国で起こった、白人警官による黒人男性殺人事件に対する全米規模でのデモの影響が加わ […]
  • 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ!2019年12月3日 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ! アジア系が手を組んだ東洋街のブラックフライデー  「火は小さいうちに消せ!」「天気が良いうちに屋根を直せ」――これは人生においても、外交においても常に頭に置いておくべき金言ではないだろうか。  サンパウロ市のパウリスタ大通りに今年できたばかりの韓国文化院で、最近 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]