ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル

こちらの記事もどうぞ

  • ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年2014年3月26日 ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年 ニッケイ新聞 2014年3月26日  「イパネマの娘」の世界的大ヒットから50年を迎えるブラジルだが、それにタイミングを合わせたような企画が進行している。この4月、5枚のボサノバの名盤が、昔なつかしいLPサイズのアナログ盤として国内で再発される。  ブラジルでも、「アナログ盤 […]
  • ブラジル政界に「ハリー・ポッター」=大統領選立候補のランドルフ氏2014年2月27日 ブラジル政界に「ハリー・ポッター」=大統領選立候補のランドルフ氏 ニッケイ新聞 2014年2月27日 今年の10月に大統領選挙を迎えるブラジルだが、24日、その最初の候補者が発表された。それは、現状の予想では大統領争いをするとは目されていない小政党からの候補者だが、話題の人物ではある。それが急進左派政党の社会主義自由党(PSOL)のランドル […]
  • パイヴァ氏=軍による真相隠蔽明らかに=退役軍人が真相を告白=「ゲリラによる誘拐」を工作2014年2月8日 パイヴァ氏=軍による真相隠蔽明らかに=退役軍人が真相を告白=「ゲリラによる誘拐」を工作 ニッケイ新聞 2014年2月8日 軍事政権時代(1964~85年)の代表的な反抗の闘士で、1971年に行方不明になった元連邦下議のルーベンス・パイヴァ氏(1929~71年)に関し、退役陸軍大佐が真相究明委員会にパイヴァ氏の死因について虚偽のアリバイ工作を行なったことを明かした […]
  • 「ジレッタス・ジャー」(大統領直接選挙)集会から30年=民主化ブラジルが再始動しはじめた日2014年1月14日 「ジレッタス・ジャー」(大統領直接選挙)集会から30年=民主化ブラジルが再始動しはじめた日 ニッケイ新聞 2014年1月14日 1984年1月12日、パラナー州の州都クリチーバの中心部にあるボカ・マルジータ広場で、20年続いている軍事政権に反旗を翻し、国民による大統領の直接選挙を求める運動「ジレッタス・ジャー」の最初の集会が行なわれ、そこに4万人集まった。そこから再 […]
  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]