ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 電力料金4・6%超値上げか=CDEが56億レの赤字予想

こちらの記事もどうぞ

  • 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める2014年3月29日 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める ニッケイ新聞 2014年3月29日  電力危機がささやかれる中、エジソン・ロボン鉱山動力相がはじめて、「節電する必要が生まれる可能性がある」ことを明かした。28日付伯字紙が報じている。  鉱動相はこれまで電力制限の可能性を否定してきたが、経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナ […]
  • PAC2は3年で82%=予定より早いと自画自賛=国庫庁の指摘は馬耳東風2014年2月21日 PAC2は3年で82%=予定より早いと自画自賛=国庫庁の指摘は馬耳東風 ニッケイ新聞 2014年2月21日 連邦政府が18日、2011~14年実施の第2期経済活性化計画(PAC2)は第3年次終了時点での遂行率が82・3%、投資金額も全体予算の76・1%に当たる5830億レアルに達したとの報告を行った。 政府公式サイトによると、エネルギーや物流イン […]
  • 3年目の報告を行うマンテガ財相(中央)とベルキオリ企画相(左)(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)2014年2月20日 PAC2は3年で82%=予定より早いと自画自賛=国庫庁の指摘は馬耳東風 ニッケイ新聞 2014年2月20日 連邦政府が18日、2011~14年実施の第2期経済活性化計画(PAC2)は第3年次終了時点での遂行率が82・3%、投資金額も全体予算の76・1%に当たる5830億レアルに達したとの報告を行った。 政府公式サイトによると、エネルギーや物流イ […]
  • あちこちで出る猛暑の影響=工業順調も農業に被害=聖州は水源確保に人工降雨=広域停電の真の理由は?2014年2月8日 あちこちで出る猛暑の影響=工業順調も農業に被害=聖州は水源確保に人工降雨=広域停電の真の理由は? ニッケイ新聞 2014年2月8日 【既報関連】この夏は中伯~南伯では過去70年間で最高の猛暑で、少雨とあいまった水不足や電力供給不安を始め、工業や農業など、様々な分野に影響が出ている。 13年の北東伯は過去70年間で最悪の干ばつに見舞われ、この夏は南東伯が過去50年間で最悪の […]
  • 11州で広域停電発生=需要がピークの時間帯に=北伯と中西伯繋ぐ線で短絡2014年2月6日 11州で広域停電発生=需要がピークの時間帯に=北伯と中西伯繋ぐ線で短絡 ニッケイ新聞 2014年2月6日 4日午後2時過ぎ、南伯、南東伯、中西伯とトカンチンス州の11州で広域停電が発生し、600万人に影響が出たと5日付伯字紙が報じた。 広域停電の発端は、トカンチンス州コリーナスとゴイアス州のセーラ・ダ・メーザ間の送電線で午後2時3分に起きた短絡( […]