ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行=『上塚司のアマゾン開拓事業』=孫芳郎、中野順夫氏が共著

刊行=『上塚司のアマゾン開拓事業』=孫芳郎、中野順夫氏が共著

ニッケイ新聞 2014年3月12日

 アマゾニア産業研究所の80周年を記念し、上塚芳郎、中野順夫さんが『上塚司のアマゾン開拓事業』を昨年に刊行した。限定500部。高野書店で販売中(協力費として100レアル)。

 上塚のおいたちと植民思想に触れ、ヴィラ・アマゾニア建設、アンディラー模範植民地、アマゾニア産業株式会社、ジュート産業など、戦前の日本人アマゾン移民史を補う貴重な一冊だ。

 明治維新後の農村事情から、当地の農業事情を踏まえ、田付七太大使の視察や福原八郎による調査団、国士舘、日本高等拓殖学校の拓殖教育など、移民を送りだす日本側の動向にも迫った。

 芳郎さんは52年東京生まれで、上塚司の孫。77年北里大学医学部を卒業し、05年には東京女子医大教授に就任した。共著に『抗凝固薬の適正な使い方』(医療薬出版・08年)ほか。

 中野順夫さんは43年北海道生まれで、70年にブラジル移住。以来農業に従事し、『コチアの解散』や『ブラジルにおける有機農業』などの報告がある。

 問い合わせは高野書店(11・3209・3313)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本の表紙2014年8月23日 伝説の柔道家『コンデ・コマ物語』=青森県人会で取扱中  今月24日に創立60周年式典を控える青森県人会(玉城道子会長)が、昨年6月日本で出版された『コンデ・コマ物語―「柔道世界制覇」と「アマゾン開拓」』(三戸建次著、路上社)を75レアルで販売している。 同県人会の節目を祝して、著者の三戸氏が100冊寄贈した。同県出 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(76)2014年1月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(76) ニッケイ新聞 2014年1月10日 「このツマミは何処に置けばいいんだ」 「それは、あっちだ」 「こっちだ!」 各自がツマミ一品を持参した。誰かが大事に隠し持っていたスルメ五枚と『北海道産』と書かれた昆布を提供すると、珍しさで皆の注目を引いた。 祭壇は解体され、一時間足らずで […]
  • 眞子さま=アマゾン開拓の功績称える=マナウスで日系人とご接見=皇族お立ち寄り30年ぶり2018年8月1日 眞子さま=アマゾン開拓の功績称える=マナウスで日系人とご接見=皇族お立ち寄り30年ぶり  【マナウス発=山縣陸人記者】「高拓生をご存じだった。ジュートのことも話されて驚きました」――。7月24日午後2時にアマゾナス州都マナウスに到着された眞子さまは、午後5時半に西部アマゾン日伯協会会館で現地日系人・日本人に接見された。そこでの印象を、アマゾン高拓会会長の丸 […]
  • 竹の魅力と報徳思想を語る=松田パウロさん講演会=争いのない世界実現のために2017年8月24日 竹の魅力と報徳思想を語る=松田パウロさん講演会=争いのない世界実現のために  ブラジル日系作家アカデミーが先月28日、日本から来伯した松田パウロさん(60、神奈川県)の講演会をサンパウロ市内のホテルで開催し、同会員ら約25人が参加した。松田さんは東京農業大学林学科で学び、1980年に卒業した日本人。82年には農業実習生としてトメアスー移住地に渡 […]
  • アマゾン雄飛したかった田中角栄2017年8月11日 アマゾン雄飛したかった田中角栄  庶民派首相・田中角栄は死んでなお人気が高く、今も彼に関する本が続々と出されている。そんな一冊、5月に発売された『田中角栄 最後のインタビュー』(佐藤修、文春新書)の出だしに引き込まれた。 《私が田中角栄に初めて会ったのは、一九八〇(昭和五十五)年十二月十六日、ブラジ […]