fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | アマパー州=水力発電所で堤防決壊=1人死亡し3人行方不明

こちらの記事もどうぞ

  • 時に必要な政府へのお灸=日本は甞められてないか=ダムに関する耳が痛い話=パラグァイ 坂本邦雄2014年11月12日 時に必要な政府へのお灸=日本は甞められてないか=ダムに関する耳が痛い話=パラグァイ 坂本邦雄  これまでにもチョイチョイ、当地西字紙上で取り沙汰されて来た話だが、始まって、もう約8年余りにもなる日本政府の円借款による「イグアス・ダム機械化プロジェクト」だ。いつまでも着工が具体化する様子が見られなないので、傍目(はため)にも一体どうなっているのか気懸りである。古いこと […]
  • 電気料金の値上げを承認=南大河州で29%強値上げ=各州も軒並み二桁の調整2014年4月18日 電気料金の値上げを承認=南大河州で29%強値上げ=各州も軒並み二桁の調整 ニッケイ新聞 2014年4月18日  【既報関連】この夏の少雨に伴う火力発電所の稼動などにかかる出費を補うため、2015年以降の電気代は8~9%値上がりすると見られていたが、Aneel(国家電力庁)は17日、南大河州の電力配給会社AES‐Sulの一般消費者向け電気料金を、平均2 […]
  • 来年以降電気代値上がり=少雨による火力発電稼動で2014年4月5日 来年以降電気代値上がり=少雨による火力発電稼動で ニッケイ新聞 2014年4月5日 この夏の少雨に伴う火力発電所の稼動などに伴う出費を補うため、2015年以降の電気代は、8~9%値上がりすると見られている。4日付伯字紙が報じている。 水力発電を主体電力源とするブラジルでは、この夏の少雨で水力発電所のダム貯水量が減少したことによ […]
  • 少雨や洪水は地球温暖化か=IPCCが報告書発表=ブラジル農業界にも影響大=農産物の栽培地も変化?2014年4月2日 少雨や洪水は地球温暖化か=IPCCが報告書発表=ブラジル農業界にも影響大=農産物の栽培地も変化? ニッケイ新聞 2014年4月2日  横浜市で開催された国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が終わり、3月31日に地球温暖化で社会が受ける影響と対応策についての報告書が公表された。この最新報告書には、カフェ栽培への影響など、ブラジルにも関連した項目も出て来る。 3月 […]
  • 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める2014年3月29日 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める ニッケイ新聞 2014年3月29日  電力危機がささやかれる中、エジソン・ロボン鉱山動力相がはじめて、「節電する必要が生まれる可能性がある」ことを明かした。28日付伯字紙が報じている。  鉱動相はこれまで電力制限の可能性を否定してきたが、経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナ […]