ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月4日

サンパウロ市保健局が発表したところによると、今年の第1四半期における同市のデング熱の患者数は昨年同時期比で27%減ったが、患者の3分の1以上が集中している西部のジャグアレー地区とラッパ地区では患者数が急増しているという。第1四半期の患者数を昨年1年間の患者数と比較してみると、ジャグアレーでは昨年1年間の19人に対し約9倍の169人、ラッパでは9人に対し約5倍の98人の感染が確認されている。デング熱は水溜りが多いところで起こりやすいというが、奇しくも両地区は冠水の目立つ西部に位置している。なんらかの関係性はあるのか。なお、今年はまだ出血性デング熱などの重症例はないという。

今年1月に「登録できない」などの苦情が相次いだサンパウロ市の学生用ビレッテ・ウニコだが、SPトランス社によると、いまだに学生や親からの苦情が多く寄せられている。それによると「学生料金(1・5レアル)ではなく通常料金(3レアル)が徴収された」というものが大半のようだ。同社によると、現在は同券に関する問題はもはやなく、利用者の勘違いや登録の不備などが大半であるようだが、1度問題が発生すると利用者が疑心暗鬼になるのもわかる。

この日曜にサンパウロ州選手権決勝戦を控えるサントスが2日、マット・グロッソ州クイアバーでブラジル杯の試合を行なった。サンパウロ州選手権のために選手を温存したかったサントスは2軍選手を中心に組み、麻州選手権昨年の覇者ミストに対し0対0で引き分けた。全国選手権では4部所属の無名チームだが、2軍で通用するほど甘くはなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 東西南北2020年1月23日 東西南北  18日からコロンビアで男子サッカーのU23南米選手権(東京五輪予選)が開催されており、決勝リーグに進めば、U23代表選手は2月9日まで拘束される。だが、サッカーサンパウロ州選手権は22日に開幕しており、コリンチャンスはペドリーニョとアラオス(チリ)、サンパウロはアントニーとイ […]
  • 東西南北2019年12月3日 東西南北  ボウソナロ大統領が11月29日に行った「アマゾンの森林火災はレオナルド・ディカプリオに原因がある」という発言は、この週末、国際的な報道機関のみならず、芸能メディアでも報じられるなどして一般大衆にも広がり、「では、ブラジル海岸部に漂着した油はタイタニック号から来たのか」「どおり […]
  • 東西南北2019年11月6日 東西南北  4日、最高裁にブラジルを代表する歌手や俳優、映画関係者が集まり、公聴会を行った。カルメン・ルシア判事は冒頭で「ここは検閲について討論する場ではない」と釘を刺したが、話はそちらの流れに。大御所歌手カエターノ・ヴェローゾは「新しい検閲はもう既にはじまっている」とし、ボウソナロ大統 […]