fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月4日

サンパウロ市保健局が発表したところによると、今年の第1四半期における同市のデング熱の患者数は昨年同時期比で27%減ったが、患者の3分の1以上が集中している西部のジャグアレー地区とラッパ地区では患者数が急増しているという。第1四半期の患者数を昨年1年間の患者数と比較してみると、ジャグアレーでは昨年1年間の19人に対し約9倍の169人、ラッパでは9人に対し約5倍の98人の感染が確認されている。デング熱は水溜りが多いところで起こりやすいというが、奇しくも両地区は冠水の目立つ西部に位置している。なんらかの関係性はあるのか。なお、今年はまだ出血性デング熱などの重症例はないという。

今年1月に「登録できない」などの苦情が相次いだサンパウロ市の学生用ビレッテ・ウニコだが、SPトランス社によると、いまだに学生や親からの苦情が多く寄せられている。それによると「学生料金(1・5レアル)ではなく通常料金(3レアル)が徴収された」というものが大半のようだ。同社によると、現在は同券に関する問題はもはやなく、利用者の勘違いや登録の不備などが大半であるようだが、1度問題が発生すると利用者が疑心暗鬼になるのもわかる。

この日曜にサンパウロ州選手権決勝戦を控えるサントスが2日、マット・グロッソ州クイアバーでブラジル杯の試合を行なった。サンパウロ州選手権のために選手を温存したかったサントスは2軍選手を中心に組み、麻州選手権昨年の覇者ミストに対し0対0で引き分けた。全国選手権では4部所属の無名チームだが、2軍で通用するほど甘くはなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • リオでの五輪セミナーに出席した(左から)在リオ総領事館の高瀬総領事、五輪委のシウチーニ氏、パナ社の村上社長、品田副社長(写真はパナソニック提供)2014年4月15日 パナソニック=W杯クイアバ会場に液晶大画面=防犯カメラ330台も納入=リオでは五輪セミナー開催 ニッケイ新聞 2014年4月15日  パナソニック・ド・ブラジル(村上廣高社長)は2日、W杯で日本代表が使用するマット・グロッソ州都クイアバ市の「アレーナ・パンタナール」への機材搬入作業を終えた。277・4平方メートルの巨大液晶スクリーンをはじめとする映像機器類、防犯用の監視 […]
  • 大耳小耳2014年3月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月20日 リベルダーデ歩こう会のサントス旧街道ツアーに参加したアラブ系二世のソニア・ジビさん。亡夫とともに、ルス公園など各地に支部を発足させてきたラジオ体操協会の重鎮だ。「なぜかアラブ系より、日系社会とのつながりが濃い」という彼女は、同会のツアーにも […]
  • W杯で約2千便を特別増便=需要に対応しAnac許可=大手2社は上限999レに2014年1月18日 W杯で約2千便を特別増便=需要に対応しAnac許可=大手2社は上限999レに ニッケイ新聞 2014年1月18日 民間航空監督庁(Anac)は17日、W杯開催期間を含む6月6日から7月20日までの期間で、一時的な利用客増加に対応するため、1973便を増便することを航空各社に許可した。17日付エスタード、フォーリャ両紙が報じた。 2千近い増便は現行の国内 […]
  • サンパウロ州海岸部でデング熱=1時間に5人の患者発生2013年12月11日 サンパウロ州海岸部でデング熱=1時間に5人の患者発生 ニッケイ新聞 2013年12月11日  サンパウロ州海岸部のサントスやサンセバスチアンなどでデング熱が流行っており、今年は今月15日までに3万6465人の患者が発生していると10日付伯字紙が報じた。 […]