ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月4日

 6月に京都である「ブラジルと仏教展」の後援団体には、水野龍が開いた「カフェパウリスタ」の名が。長松清風住職によれば、銀座が第1号店として知られていたが、実はそれより前に大阪府に開店していたとわかったそう。昨年9月18日付けの高知新聞によれば、銀座店オープンより約半年前に現阪急電鉄・箕面駅前に開店し、その後豊中市に移築されていたとか。長年市民が自治会館として利用していたが、面影を残した状態で解体され、文化財として保護されるという。

1974(なし)年に発足したのが由来という合唱団「梨の木会」。サンパウロ市内のミカ幼稚園の父兄7人を中心に発足し、設立当初からのメンバーも活躍している。これまでの会員数は130人を数え、日本に帰った退会者とも交流が続いている。当日は会員数の推移など、同会の歴史を振り返る資料や写真を展示する。美声を楽しむだけでなく、これまでの40年を知る機会にいかが?

ミナスからふるさと巡りに参加した福元美代子さんは98年に訪日し、念願の富士登山を果たした。65歳だったが、単身で2泊3日かけてゆっくり上ったとか。「夜登山する人が頭にライトをつけて列になって登ってくるんです。上からそれを見ていると、まるでフォルミーガ(蟻)が列を作って整然と歩いていく姿みたいなのよ」と思い出す。今はミナスの山の中に住み、「あの辺はカフェばかり。10月頃になると花が咲いて、見渡す限り真っ白に。まるで雪が降ったようになるの」と日本を思い出しながら、ブラジルの風情を楽しんでいるとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 大耳小耳2017年4月29日 大耳小耳      ◎  サンパウロ市の文協ビル7階から9階にある「ブラジル日本移民史料館「(Rua São Joaquim, 381 - […]
  • 大耳小耳2014年8月27日 大耳小耳  土佐祭りの開会式に参加した水野龍三郎さん(83、二世)は「ブラジル人の来場者が増え、規模が大きくなっている」と感心した様子で感想を語った。県産品として土佐茶が販売されていることに「水野龍生誕150周年記念事業で高知に行った際に飲み、美味しかった」と話し、ブラジル内での販売 […]
  • 大耳小耳2011年8月17日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年8月17日付け […]
  • 大耳小耳2014年3月15日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月15日  水野ジョナタンさんが参加する「四国アイランドリーグplus」とは、四国4県を活動地域とするプロ野球独立リーグ。将来のセ・パ12球団入りを目指す選手たちで構成され、「四国アイランドリーグ」の名称で05年、地域に根ざした野球リーグ創設を目的に […]