ホーム | 日系社会ニュース | ピニャール飛翔太鼓が堂々五位!=ブラジル初出場の日本ジュニア大会で

ピニャール飛翔太鼓が堂々五位!=ブラジル初出場の日本ジュニア大会で

ニッケイ新聞 2014年4月11日

帰国時、空港で集合写真(提供写真)

帰国時、空港で集合写真(提供写真)

「第10回全伯太鼓フェスティバル」のジュニア部門で優勝し、福島県郡山市で先月23日に開催された「第16回日本太鼓ジュニアコンクール」(日本太鼓財団主催)に参加したコロニアル・ピニャールの飛翔太鼓が、出場55チーム中、5位入賞と好成績を残した。

大会当日、地元ピニャールでは、早朝にも関わらず、モデル校に50人が集まり、飛翔の演奏を、インターネット放送で見ながらエールを送った。

10年ほど前、子どもたち太鼓をはじめた当時は太鼓がなくて、切り取ってきた竹を太鼓代わりに練習した。日本祭を開催して、太鼓を購入して、町をあげて飛翔を応援してきた。

昨年の全伯大会優勝後、グループ年長者が指導の中心となり、休日は練習に明け暮れた。故郷ピニャールに広がる果樹園をイメージし、みんなで考えて作ったというオリジナル曲「山裾」は、先祖への感謝の気持ちをこめた。

初めての訪日だったというメンバーの山田亨さん(16)は、「特別賞を待っていたので、5位入賞にはびっくり。この成果は僕たちが一生懸命頑張って練習してきた結果だったと思う。ブラジル代表として初めての成果だったので本当にうれしかった」と嬉しさを隠さない。

ブラジル太鼓協会の島田オルランド会長は、チームを称え、当地の太鼓の発展に尽力してきたJICAシニアボランティアの太鼓指導員、箕輪敏泰さんに感謝を表し、「今後も当地の太鼓の普及に努めたい」とコメントを寄せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝2018年8月17日 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝  「第15回世界ジュニア相撲選手権大会」と「第22回世界相撲選手権大会」がそれぞれ7月21日と22日に台湾の桃園(とうえん)市で行われた。日本、台湾を始め欧州やアジアなどの計25カ国・地域から男女約200人が参加。ブラジルからは11人が出場し、ジュニア大会男子重量級でジ […]
  • 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会2018年11月2日 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会  聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)が10月21日、『聖南西お話学習発表会』をイビウナ文協会館で行なった。聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカーバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市文協の日本語学校7校から約90人の生徒が参 […]
  • 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん2018年7月6日 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん  アマチュア歌手の中島幸夫さん(39、3世)が、5月26日に東京で開催された「第34回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」にブラジル代表として出場し、グランプリを受章した。各地の予選を通過した130人が競い合うなか、演歌『望郷新相馬』を正確に歌い上げた中島さんが栄光をつ […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、サンパウロ市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、 […]