ホーム | 日系社会ニュース | 都友会総会=坂和会長が6期目続投=留学研修制度復活に意欲

都友会総会=坂和会長が6期目続投=留学研修制度復活に意欲

ニッケイ新聞 2014年4月12日

 東京都友会(坂和三郎会長)が先月21日、サンパウロ市ベラ・ビスタ区の同会事務所で2014年度定期総会を行った。役員改選も行われ、坂和会長(80、東京)が6期目の続投となった。

同会長は「一世会員減少の中、会員相互の親睦を深め、2020年東京五輪ツアーなどを企画中。後継育成や、04年に途絶えた留学・研修制度の復活も働きかけたい」と述べた。

新年会、ピクニック、日本祭への参加など今年の行事予定に加え、来年の創立50周年に向けた記念誌の制作についても確認された。

会計報告では、昨年の収入が9万2791・84レ、支出が6万7588・07レで、次年度繰越金は20万7975・66レと報告された。今年の予算案は、収入が9万6171・00レ、支出が7万7673・00レで承認された。

新役員は次の通り(敬称略)。【名誉会長】多羅間俊彦【会長】坂和三郎【副会長】第1=鈴木寿、第2=山下リジア【書記】林慎太郎、神田アントニオ【会計】右近昭夫、岩崎リカルド【理事】岡田本子、佐々木佳子、早川エイジ【監査】大沼博、本田さちえ、森原クリスチーナ、鈴木サユリ、坂和ユカリ、高井まゆみ

image_print

こちらの記事もどうぞ