ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月12日

 関塚隆さんはJリーグ創設期の93年、ジッコがいた鹿島アントラーズで2軍監督を務め、クラブの誕生を内側から見つめていた。ジッコ招聘には「〃歴史のあるチームを作る〃という考え方が鹿島にあったのでは」と捉え、「当時としては珍しいクラブハウスなどの施設建設にはブラジルを参考にしたようだ。その環境を今、他のクラブも参考にしている」と話す。また「施設だけでなく、ジッコからはプロ精神など学ぶところは多かった」との言葉からは、Jリーグ創立時から日伯サッカーの絆が深かったことが伺われる。

本門佛立宗妙深寺の初代住職だった清水日博上人は、「どうしてもブラジルに行きたい」と、病に苛まれながらも1955年に来伯し、その数年後に他界したという。同上人から「ブラジルの本門佛立宗はすごい」と聞いて育った長松住職は、「僕たちがブラジルから勉強する時が来た」と力説。今年9月には僧侶45人が来伯し、全伯の寺を1週間かけて回り、当地の伝道活動や信仰の仕方を体験するとか。

同宗はスリランカにも別院があるが、一日の奉公(仏の道を実践すること)に約400人が参加。しかも、「一人も日本人はいない」とか。30メートルの高さから落下して頭蓋骨骨折した4歳の子どもが、信者の祈りで意識が回復、長松住職自らの祈りで歩き、喋れるようになったという奇跡談も。しかし来場していた信者は「こういう話はよくある」と不思議でもない様子。やはり「信じるものは救われる」か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年9月15日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯 […]
  • 大耳小耳2018年2月3日 大耳小耳  兵庫県加古川市は、先月11日、サッカー元日本代表の三都主アレサンドロを、市の魅力をPRする「加古川観光大使」に任命した。同市が三都主の出身地であるパラナ州マリンガ市と姉妹都市提携を結んでいることから、観光大使に任命された。彼は故郷マリンガに帰ってインスティツット・アレックス・ […]
  • 大耳小耳2018年6月28日 大耳小耳  サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, […]
  • 大耳小耳2017年3月3日 大耳小耳  5ページにあるようにJICA日系研修で防災対策を学ぶため、訪日した佐野軍警少佐。日本の警察に欠かせない捕具「刺又」のブラジル導入にも力を入れており、現在、試験段階にあるそう。「刺又」は江戸時代に作られ、U字型の金具に長い柄をつけたもので、相手の首や腕を押さえつけて動きを封じ込 […]
  • 大耳小耳2017年8月26日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』976号(12頁)が7月末に刊行された。木村元総領事の「クリチバ雑感」によれば《クリチバ市民は非常に保守的で、企業が新商品を売り出すときには、まずクリチバで試すそうです。ここで売れれば、ブラジル全土でまず間違いなし》と […]