ホーム | 日系社会ニュース | 鹿児島県人会=会館を200万レで売却決定!=移転先はリベルダーデに

鹿児島県人会=会館を200万レで売却決定!=移転先はリベルダーデに

ニッケイ新聞 2014年4月15日

この日曜日には大型荷物の搬出作業も行われた

この日曜日には大型荷物の搬出作業も行われた

 5年来の懸案の会館売却問題に終止符――鹿児島県人会(園田昭憲会長)は、サンパウロ市の高級住宅街パカエンブー区にある約35年間も活動拠点にしてきた会館の売買契約をようやく成立させた。

 売却額は200万レ。園田会長によれば、医療関係の企業が事務所として利用する予定だという。3人目の交渉相手で契約をまとめた。
先月末には相手側から提示された支払方法、譲渡に関する条件を、弁護士に問題点がないか確認を済ませ、今月6日の定例役員会では、契約に向けた手続きを進めることで合意した。「契約成立から60日後の譲渡」という項目が含まれており、翌7日にサインを交わしたため、6月6日に明け渡すことに。
役員会で園田会長は任期中の売却に喜びを示し、「会議で利用するにしても20人前後。広すぎる会館を手放し、これからは身の丈にあった規模で運営できる」と語った。
その後、役員らは移転先の視察を重ね、リベルダーデ区の1カ所に絞って調整を進めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ