ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 水道料金=使用量20%増で〃罰金〃=州知事が発表、5月導入=カンタレイラ水位11%台に=南東部はビリングス湖から

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • Sabesp=ボーナス見直しで純利倍増=12日から水道代調整も2016年5月14日 Sabesp=ボーナス見直しで純利倍増=12日から水道代調整も  サンパウロ州水道公社(Sabesp)が節水ボーナスの基準を厳しくし、過剰消費者への罰金額を上げて以来、純益が倍増した事が分かったと13日付エスタード紙が報じた。 Sabespが12日に行った決算報告によると、今年度第1四半期の純益は6億2880万レで、水不足危機が頂点に達して […]
  • カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者2016年12月29日 カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は26日、水不足対策として、貯水池の取水口より低い位置にあり、通常は利用できない予備の水(未開の水域)の水を吸い上げるために設置したポンプを、干ばつに悩む北東部のパライバ州とペルナンブッコ州での水不足解消のために貸し出す契約を締結し […]
  • 被災地はまだ〃泥沼〃の中=サンパウロ州を襲った豪雨から3日=5年前の教訓活かされず2016年3月16日 被災地はまだ〃泥沼〃の中=サンパウロ州を襲った豪雨から3日=5年前の教訓活かされず  【既報関連】10日から11日に大サンパウロ市圏を襲った大雨は計25人の死者を出したが、大雨から3日経っても復旧には程遠い被災地の様子や、サンパウロ州が公約した治水対策が遅々として進まない様子を14、15日付伯字紙、サイトが報じた。 カイエイラス市のローゼ・ソウザさん(49・商 […]
  • サンパウロ州水問題=罰金とボーナス5月に廃止=危機終息は時期尚早の声も2016年3月29日 サンパウロ州水問題=罰金とボーナス5月に廃止=危機終息は時期尚早の声も  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(PSDB・民主社会党)の「水危機収束宣言」から3週間もしない内に、サンパウロ州水道公社(Sabesp)が、水を節約した消費者への料金割引と、過剰に消費した場合の罰金を5月から廃止することをサンパウロ州上下水道エネルギー規制機関(Arse […]