ホーム | 日系社会ニュース | 陸軍日系少将、二人が昇格=首都式典で、思い新たに

陸軍日系少将、二人が昇格=首都式典で、思い新たに

ニッケイ新聞 2014年4月24日

 【既報関連】このほど陸軍少将に昇格した松田ユタカ氏(二世、53)と、池田リュウゾウ氏(二世、53)の昇格式および軍刀授与が9日、ブラジリアで行われた。日系初の少将、小原彰元少将らも式典に参加し、二人を激励した。
陸軍23万5000人のなかから、二人の同時昇格は、日系社会にとって大きな快挙だ。
松田少将は、12日より、南マットグロッソ州ドウラードス第4機械化騎兵旅団司令官の任務に就いた。「重大な責務。今後は、軍部の戦略的決断を行う段階に至り、ブラジル軍の更なる発展のために寄与したい。あらたな挑戦だが、このために準備はしてきた」と頼もしいコメントを寄せた。
池田少将は、南東軍参謀長イビラプエラ公園司令部の任務に14日に就任した。
サンスイ社として参加した平崎靖之さんは「5月末に文協主催の祝賀会を企画している」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ