ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物=朝蔭5月号

刊行物=朝蔭5月号

 『朝蔭』5月号(第787号)が発行された。
 巻頭「句帳」(念腹)その一句「管長きキセル吸ひつつ蟹売れる」、「雑詠 寿和選」その3句「太刀魚があったと厨房妻の声」(遠藤永観)、「軒下の蜘蛛の囲ガスで焼き払う」(野村康)、「丸まりて夢見る犬の日向ぼこ」(相原貴余志)、「草の花」(堀石凡生)、「カルナバルインイタリアの旅」(矢島みどり)、「句会便り」ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2012年7月19日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2012年7月19日付け  ブラジル剣道連盟が伯社会への普及に本格的に乗り出した。学校にクラブ設置の呼びかけや、貧民街での教室開設に向けて準備が進んでいる。剣道人口の減少に歯止めをかけること、子供の教育に貢献することが目的だ。 […]
  • あらくさ短歌会合同歌集2015年1月13日 あらくさ短歌会合同歌集  あらくさ短歌会の合同歌集第10号が出版された。巻頭歌(上妻博彦選)から2句。「スイカ割り真夏の遊び目かくしのエイッとひと声みごと割れ散る」(遠藤美保子)、「充分にあなたの愛を受けたのに卒寿の母はまだくれるという」(足立富士子)。全59頁。 […]
  • 熟ク連=高齢者パワー、益々盛ん=創立40周年、にぎやかに=慰霊法要、功労者表彰も2015年8月12日 熟ク連=高齢者パワー、益々盛ん=創立40周年、にぎやかに=慰霊法要、功労者表彰も  ブラジル日系熟年クラブ連合会(五十嵐司会長)は創立40周年を迎えた。その記念式典が8日午前10時から、同会館で賑やかに行われた。中前隆博在聖総領事、コロニア団体はじめ、ブラジル各地の38の熟年クラブから関係者約100人が参加、節目を共に祝った。  1970年 […]
  • 東西南北2008年1月10日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年1月10日付け […]
  • コロニアかるた会、11月会合2003年10月30日 コロニアかるた会、11月会合 10月30日(木) […]